【シャドバ】ウィッチの最強連勝デッキレシピ24個のまとめ!秘術、ドロシー、超越、ニュートラル、ジンジャー、マナリアウィッチなど!ローテーションとアンリミテッドの両方のデッキ集!【シャドウバース】

ウィッチの最強デッキレシピ集(ローテーション、アンリミテッド)

時空転生(クロノジェネシス)のウィッチのマスターランク連勝デッキやJCG大会優勝デッキなどをまとめた最強デッキレシピ集です。ローテーションとアンリミテッドの両方で、ウィッチの主なデッキタイプを整理しています。このページだけで、現環境のウィッチを大まかに把握できます。

デッキ一覧用(ウィッチ)

ローテーションの最強デッキレシピ集

※スマホ表示の場合は表を横スクロールできます。
デッキタイプ デッキ数 連勝・勝率データなど
アグロ秘術ウィッチ 3 27連勝, 18連勝, グランドマスター最速(Tier 1, 勝率52.4%)
ミッドレンジ秘術 2 14連勝, 14連勝
マナリア秘術ウィッチ 2 15連勝, 11連勝
ドロシーウィッチ 3 25連勝, 18連勝, 13連勝(Tier 3, 勝率48.7%)
マナリアドロシー 2 14連勝, 11連勝
ニュートラルウィッチ 1 10連勝(勝率52.5%)
ジンジャーウィッチ 1 16連勝

アンリミテッドの最強デッキレシピ集

※スマホ表示の場合は表を横スクロールできます。
デッキタイプ デッキ数 連勝・勝率データなど
秘術ウィッチ 2 15連勝, 15連勝(Tier 2, 勝率47.4%)
超越ウィッチ 3 19連勝, 15連勝, JCG大会優勝(Tier 2, 勝率51.3%)
ドロシーウィッチ 2 14連勝, 13連勝(Tier 3, 勝率54.9%)
超越ドロシーウィッチ 1 11連勝(勝率52.5%)
力場ウィッチ 1 10連勝
マナリアバーン 1 7連勝
※流行度(Tier 1~3)と勝率は、Shadowverse Logの2018年1月8日~2018年1月14日のマスター帯のデータを参考にしています。

 

アグロ秘術ウィッチの最強デッキレシピ集(ローテーション)

秘術ウィッチ10-3-20171230(ドクターブーム氏の27連勝デッキ)
デッキコードを発行

アグロ秘術ウィッチは、ローテーション環境で最も流行しているデッキタイプです。

全クラス中での使用率第1位でTier 1となっており、勝率は52.4%となっています。

マスターランクの高連勝デッキはかなりの数があり、20連勝以上のデッキレシピもいくつかあります。

上記のデッキレシピは、その中でも最も有名なアグロ秘術ウィッチで、環境最初期(2017年12月30日)にマスターランク27連勝の大記録を打ち立てています。カードの採用枚数がやや違いますが、同様のデッキがJCG大会で優勝しています。

アグロ秘術ウィッチの連勝デッキの多くは似たデッキ構築となっているのですが、前環境のデッキに時空転生の新カード「静寂の実験室」「連鎖する雷」「大召喚」などを加えたものが主流です。

ローテーション環境で、くず鉄の練成、古き魔術師・レヴィが抜けた低コストの穴ですが、このデッキでは天弓の天使・リリエルが採用されています。2コストの4種類目の枠は色々と選択肢があります。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

秘術ウィッチ8-5-20171229(のろ氏のMPランキング1位デッキ)
デッキコードを発行

こちらは、時空転生(クロノジェネシス、CGS)環境での最速グランドマスターを達成している有名なデッキレシピです。

1つ目のデッキレシピと比べると、低コストのカード選択が異なっており、1コストのゴブリンと2コストの堕天使・イヴリシアが採用されています。

その他の部分は、夜の魔術師の枚数が違うだけで、残りはすべて同じとなっています。

これら2つの代表的なデッキがアグロ秘術ウィッチの基本形で、あとは採用枚数が少し違っていたり、珍しいカードが1~2種類ぐらい採用されているデッキレシピが多くなります。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

秘術ウィッチ12-1-20180114(べるりん氏の18連勝デッキ)
デッキコードを発行

3つ目のデッキレシピは、マスターランク18連勝を記録しているアグロ秘術ウィッチです。

環境最初期ではなく比較的最近(2018年1月14日)のデッキレシピであること、珍しい採用カード(魔術の始祖・マナリア)があること、その中でも連勝数が多いことから取り上げています。

これら3つのデッキでは採用されていないカードとして、

2コスト:ルーキーマジシャン・サミー
3コスト:御言葉の天使、お菓子の家、ミニゴブリンメイジ、落とし穴、呼び覚まされし禁忌
5コスト:ブリンディ
6コスト:禁忌の研究者
8コスト:激震のオーガ

などを採用している連勝デッキもあります。

参考ツイッターでは、連勝数の多いデッキや珍しいカードが採用されているデッキを優先してまとめています。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

アグロ秘術ウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/niconico__5757/status/947066414912880640

https://twitter.com/Alaska3703/status/948125737633976320

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

ミッドレンジ秘術ウィッチの最強デッキレシピ集(ローテーション)

ミッドレンジ秘術ウィッチ1-1-20180115(Red氏の14連勝デッキ)
デッキコードを発行

ミッドレンジ秘術ウィッチは、典型的なアグロ秘術ウィッチよりも採用カードのコストが重めで、禁忌の研究者や幻影使いによって中盤以降に盤面を取る力が強いデッキを分類しています。

Shadowverse Logでは、アグロ秘術ウィッチとミッドレンジ秘術ウィッチがひとくくりに「秘術ウィッチ」で分類されているので、採用率や勝率のデータは不明となっています。

ツイッターなどで調べてみると、アグロ秘術ウィッチよりも使用率や連勝デッキの数はかなり少ないイメージですが、使用率の少なさの割には連勝数が多いデッキもいくつかあるので、有力なデッキタイプかもしれないです。

上記のデッキレシピは、グランドマスター到達&マスターランク14連勝を記録しています。

アグロ秘術ウィッチでの採用率が低いカードとして、風の軍神・グリームニル、精神統一、幻影使い、白銀剣のゴーレムが採用されています。禁忌の研究者の採用枚数が3枚で多いのも特徴で、幻影使いで使い回すことができます。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ミッドレンジ秘術ウィッチ2-1-20180110(PIMA氏の14連勝デッキ)
デッキコードを発行

2つ目のミッドレンジ秘術ウィッチもマスターランク14連勝を記録しています。

マナリアの知識、星読みの魔女・ステラ、ブリンディ、ゼウスが特徴的なカードとなっています。

ブリンディはアグロ秘術ウィッチでもたまに採用されるカードで、偉大なる魔術師・レヴィや禁忌の研究者を警戒して盤面を空けてしまうと、エンハンス7でリーダーに4点ダメージが飛んできます。

ゼウスはコストが重いので1枚採用ですが、幻影使いとの相性が非常に良いです。

1つ目のデッキでのドローソースは精神統一とオズの大魔女でしたが、こちらのデッキでは星読みの魔女・ステラでカードを補充できます。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ミッドレンジ秘術ウィッチについての参考ツイッターまとめ

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

マナリア秘術ウィッチの最強デッキレシピ集(ローテーション)

マナリア秘術ウィッチ1-1-20171230(ぬこおた氏の15連勝デッキ)
デッキコードを発行

マナリア秘術ウィッチは、時空転生で新たに追加されたカードタイプ「マナリア・タイプ」を持つカードを採用した秘術ウィッチです。

ただし、基本が秘術ウィッチになるために、土の印と土の秘術のカードがデッキの多数を占めることから、「マナリア・タイプ」のカード枚数は少なくなります。

上記のデッキレシピは、マスターランク15連勝を記録している有名なマナリア秘術ウィッチです。

マナリアの知識2枚、マナリアの生徒会長・ハンナ2枚の合計4枚が「マナリア・タイプ」の採用カードとなっています。

マナリアの知識は、ローテーション環境で使えなくなった、くず鉄の練成や炎熱の術式の穴を埋めやすいカードです。

マナリアの生徒会長・ハンナは、秘術ウィッチの5コストフォロワーの穴を埋めやすいカードで(オズの大魔女は5ターン目には出しづらい)、相手のリーダーにダメージを与えられるスペルが手に入ることもあるので秘術ウィッチとの相性は悪くないです。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

マナリア秘術ウィッチ2-1-20171230(ぼぼぼぼぼ氏の11連勝デッキ)
デッキコードを発行

2つ目のデッキは、1つ目のデッキよりもマナリア要素が強いマナリア秘術ウィッチです。

上記のデッキレシピは、マスターランク11連勝を記録しています。

「マナリア・タイプ」のカードは、マナリアの知識3枚、魔術の始祖・マナリア3枚の合計6枚だけですが、魔術の始祖・マナリアを生かすためのカードが多く採用されています。

具体的には、マジックミサイルや白銀剣のゴーレム(真理の術式が手に入る)で、魔術の始祖・マナリアの能力によるスペルダメージの増加を生かすことができます。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

マナリア秘術ウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/kakejima_12/status/946953585769590784

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

ドロシーウィッチの最強デッキレシピ集(ローテーション)

ドロシーウィッチ4-1-20180113(いなきんぐ氏の25連勝デッキ)
デッキコードを発行

ドロシーウィッチは、ローテーション環境のウィッチで二番手ポジションのデッキタイプです。

ウィッチでの使用率は第2位(全体では第7位)、流行度はTier 3で、マスター帯の勝率は48.7%です。

平均勝率は5割を切っているのですが、大型の連勝記録が少なくないデッキタイプで、数字以上の強さを感じます。

勝率が低い理由として、環境に多いランプドラゴンやアグロ秘術ウィッチに不利なことが挙げられます。しかし、デッキ構築の幅が広いデッキタイプなので、そのために平均勝率が落ちている可能性もあります。

上記のデッキレシピは、マスターランク25連勝を記録している有名なドロシーウィッチです。

次元の魔女・ドロシー3枚以外の高コストフォロワーは、キマイラ3枚とフレイムデストロイヤー1枚で、デッキの重さは中程度となっています。精神統一などの複数ドロースペルが不採用なのも特徴です。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ドロシーウィッチ5-1-20171230(ぴにゃこらーだ氏の18連勝デッキ)
デッキコードを発行

2つ目のデッキレシピは、環境最初期(2017年12月31日)にマスターランク18連勝を記録しているマンモスドロシーウィッチです。

凍りづけの巨像3枚、フレイムデストロイヤー3枚がフル採用されているように、大型フォロワーを一気に展開するタイプになっています。

テミスの審判や黙示録がなく、大型フォロワー複数を一気に処理する手段に乏しいローテーション環境に合わせたデッキレシピです。

低コストフォロワーの枚数が少なく、序盤はスペル主体となり、いわゆる「スペルドロシー」と呼ばれるタイプのドロシーウィッチです。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ドロシーウィッチ7-1-20180112(ロイジ氏の13連勝デッキ)
デッキコードを発行

3つ目のデッキは、オズの大魔女3枚の採用が特徴的なオズドロシーウィッチです。

マスターランク13連勝を記録しているデッキレシピです。

ドローソースとして精神統一ではなく、オズの大魔女を採用しているデッキはたまにありますが、オズ3枚のフル採用はドロシーウィッチとしてはかなり珍しいと思います。

オズの大魔女があるので、手札をどんどん使う必要があり、3つのデッキの中では高コストフォロワーの枚数が最も少なくなっています。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ドロシーウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/enjoy20sv/status/952429598704193536

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

マナリアドロシーウィッチの最強デッキレシピ集(ローテーション)

マナリアドロシーウィッチ1-1-20171229(あすぱら氏の14連勝デッキ)
デッキコードを発行

マナリアドロシーウィッチは、時空転生で新たに追加された「マナリア・タイプ」の新カードの中で、マナリアの知識以外も採用されているデッキタイプです。

ただし、「術式の教師・ジル」「マナリアの召喚士・ベリル」を採用した連勝デッキを探すのは難しく、「魔術の始祖・マナリア」「マナリアの生徒会長・ハンナ」の採用がメインとなっているようです。

上記のデッキレシピは、環境最初期(2017年12月30日)にマスターランク14連勝を記録しています。

ドロシーウィッチに、魔術の始祖・マナリアを組み込んだデッキ構築となっています。

相性の良いダメージ効果を持つスペルの枚数は、マナリアの知識3枚(マナリアの魔弾の場合)、マジックミサイル3枚、ルーンの貫き3枚、連鎖する雷2枚の合計11枚です。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

マナリアドロシーウィッチ2-1-20180105(海王サマの11連勝デッキ)
デッキコードを発行

2つ目のデッキレシピは、マスターランク11連勝を記録しているマナリアドロシーウィッチです。

「マナリアの生徒会長・ハンナ」と「魔術の始祖・マナリア」の両方が採用されています。

時空転生の新カードだけでなく、マナリアウィザード・クレイグ、ゲイザーも「マナリア・タイプ」なので、マナリアの生徒会長・ハンナとのシナジーがあります。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

マナリアドロシーウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/asupara8649/status/946817565757546497

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

ニュートラルウィッチの最強デッキレシピ(ローテーション)

ニュートラルウィッチ7-1-20180113(サカギ氏の10連勝デッキ)
デッキコードを発行

ニュートラルウィッチは、秘術ウィッチとドロシーウィッチに続き、ローテーション環境で三番手ポジションのデッキタイプです。

ウィッチでの使用率は第3位なのですが、秘術やドロシーよりも勝率が高く、マスター帯で勝率52.5%あります。

上記のデッキレシピは、マスターランクで10連勝していますが、同時に30戦26勝(勝率87%)という高勝率も記録しています。

サハクィエル採用型のニュートラルウィッチですが、タイムレスウィッチ、エウロペの採用が目を惹きます。

タイムレスウィッチは環境に刺さっているカードで、秘術ウィッチのバーンに対する守護になりますし、白狼エルフのキングエレファントのOTKを防ぐこともできます。

エウロペはエンハンス5で疾走・必殺・守護を持つので、確定除去のように使えますし、生き残れば守護としても働きます。死の舞踏がないローテーション環境で、力を発揮できそうなフォロワーです。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ニュートラルウィッチについての参考ツイッターまとめ

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

ジンジャーウィッチの最強デッキレシピ(ローテーション)

ジンジャーウィッチ2-3-20171231(crypton氏の16連勝デッキ)
デッキコードを発行

ジンジャーウィッチは、言霊遣い・ジンジャーを採用したデッキタイプで、ニュートラルウィッチの場合が多いです。

新カードが少ないデッキタイプですが、もともとのデッキパワーは高いですし、テミスの審判と黙示録の全体除去がなくなったローテーション環境ではジンジャーが決まりやすくなっています。

上記のデッキレシピは、環境最初期(2018年1月1日)にマスターランク16連勝を記録しています。

バハムート対策に彷徨の詩人・エルタが採用されており、確定除去としてジンジャーとの相性が良い氷獄の呼び声が採用されています。

ヘクトル、幻影使い、ルナルの魔術師・プリス、サハクィエルなど、中盤以降は進化権を使わずにフォロワーを処理できるカードが中心となっています。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ジンジャーウィッチについての参考ツイッターまとめ

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

秘術ウィッチの最強デッキレシピ集(アンリミテッド)

秘術ウィッチ13-1-20180110(そいる氏の15連勝デッキ)
デッキコードを発行

アンリミテッド環境の秘術ウィッチは、ウィッチでは使用率第1位(全体では第4位)で、Tier 2のデッキタイプです。

ローテーション環境よりも苦戦していて、マスター帯の勝率は47.4%で負け越しています。環境トップのOTKエルフに不利なのが大きいかもしれないです。

しかし、前環境のトップデッキの一つですし、新カードで強化されているので、デッキパワー自体は悪くないです。実際に、アンリミテッド環境でも連勝デッキはいくつも出ていますし、JCG大会での優勝や準優勝も多いです。

上記のデッキレシピは、マスターランク15連勝を記録しています。

時空転生(クロノジェネシス)の新カードは、「静寂の実験室」「連鎖する雷」「大召喚」の3種類が採用されています。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

秘術ウィッチ14-1-20180109(くうくうくう氏の15連勝デッキ)
デッキコードを発行

秘術ウィッチの2つ目のデッキも、マスターランク15連勝を記録しています。

1つ目のデッキでは採用されていない新カードとして、「白銀剣のゴーレム」が採用されています。

アンリミテッド環境の秘術ウィッチは、カードプールが広い分だけデッキ構築の選択肢が広くなっています。

2コストは、幻惑の奇術師がどのデッキでも最優先で3枚採用されていますが、古き魔術師・レヴィ、ドワーフアルケミスト、静寂の実験室の3種類については、どのカードが優先されるかはレシピによって違っています。

6コストの大召喚と7コストの双璧の召喚では、大召喚の採用率の方が高いですが、双璧の召喚を採用しているデッキもあります。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

秘術ウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/mitososu321/status/949331248593252354

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

超越ウィッチの最強デッキレシピ集(アンリミテッド)

超越ウィッチ10-1-20180108(さとりす氏の19連勝デッキ)
デッキコードを発行

超越ウィッチは、アンリミテッド環境のウィッチ使用率第2位(全体では第6位)のデッキタイプです。流行度はTier 2で、勝率は51.3%となっています。

1コストの強力なスペルである新カード「マナリアの知識」が追加されたことで大幅に強化され、天敵であるアグロヴァンパイアが流行しているのにもかかわらずに勝率5割を超えています。

現環境の超越ウィッチは、アグロデッキは相変わらず苦手ですが、ミッドレンジ以降のほとんどすべてのデッキに対して有利が付きます。

上記のデッキレシピは、マスターランク19連勝を記録している超越ウィッチです。

1枚採用のカードが多く、「エンジェルスナイプ」「サモンスノー」「魔力の蓄積」「マーリン」「ギガントキマイラ」の5種類もあります。

超越ウィッチは非常にドローが多いデッキなので、採用枚数がたった1枚の違いでも大きな影響を与えやすいです。その意味で、かなり念入りに調整されたデッキレシピと言えるでしょう。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

超越ウィッチ8-1-20180115(ぱらちゃんの15連勝デッキ)
デッキコードを発行

2つ目は、マスターランク15連勝を記録している超越ウィッチで、非常に有名なデッキレシピです。

超越ウィッチで珍しいカードとして、静寂の実験室、癒しの奏者・アンリエットの採用が目を惹きます。また、ギガントキマイラが不採用で、フレイムデストロイヤーをフィニッシャーとしているのも特徴です。

静寂の実験室は土の印を持つカードですが、従来は実験開始やくず鉄の練成が採用される場合が多かったです。しかし、1ターン目にマナリアの知識を使いたい場合が増えてきたので、2ターン目に静寂の実験室を置いた方が、3ターン目に精神統一を使いたい時にスムーズに繋げやすくなっています。

フレイムデストロイヤーの採用は、おそらく対アグロを意識してのことで、9ターン目まで使えないギガントキマイラよりも、8ターン目以前に出せるフレイムデストロイヤーの方が強い場合がけっこうあります。

癒しの奏者・アンリエットの1枚採用も、フレイムデストロイヤーを早めのターンに出すプランを想定していると思います。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

超越ウィッチ9-1-20180106(ヒロ氏のJCG大会優勝デッキ)
デッキコードを発行

3つ目は、JCG大会で優勝している超越ウィッチのデッキレシピです。

ギガントキマイラ型の超越ウィッチで、新カードの「ノヴァフレア」が採用されています。

1コストスペルが6枚で少なめに調整されているのも特徴です。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

超越ウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/anime3841/status/949183050687983617

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

ドロシーウィッチの最強デッキレシピ集(アンリミテッド)

ドロシーウィッチ8-1-20180110(アロハ氏の14連勝デッキ)
デッキコードを発行

アンリミテッド環境のドロシーウィッチは、使用率はウィッチで第3位(全体では第9位)ですが、マスター帯の勝率は54.9%で秘術ウィッチや超越ウィッチを抑えてトップとなっています。

おそらく使用率は増加傾向で、Shadowverse Logの先週(2018年1月8日~2018年1月14日)のデータ分よりも、今週の使用率は上がっていると思います。

OTKエルフ、アグロヴァンパイア、復讐ヴァンパイアの3つの環境トップデッキに対して、互角以上に戦えるというデータも出ており、注目されているデッキタイプの一つです。

上記のデッキは、マスターランク14連勝を記録しているグランドマスター到達デッキです。

低コストのカードがスペル主体で、キマイラやフレイムデストロイヤーといった大型フォロワーを展開する、いわゆるスペルドロシーです。

太陽の巫女・パメラが珍しい採用カードで、展開した大型フォロワーのスタッツを一気に倍にできる切り札となります。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ドロシーウィッチ9-1-20180117(nkj氏の13連勝デッキ)
デッキコードを発行

2つ目のドロシーウィッチは、最大13連勝をはじめとして、マスターランクで10連勝近くを何度も記録しているデッキレシピです。

エンジェルスナイプ、古き魔術師・レヴィ、ルーンの貫き、連鎖する雷、魔法剣などが採用されており、バーン型のドロシーウィッチとなっています。

OTKエルフやヴァンパイア(アグロ、復讐)が環境に多いので、疾走にも強い氷像の召喚が採用されています。

アンリミテッド環境のドロシーウィッチは、スペル型とバーン型のどちらも強いことが分かります。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

ドロシーウィッチについての参考ツイッターまとめ

https://twitter.com/agunomomoclo/status/952583508995670016

https://twitter.com/keyna_xep1015/status/948344535649697792

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

超越ドロシーウィッチの最強デッキレシピ(アンリミテッド)

超越ドロシーウィッチ2-1-20180106(ユキグラン氏の11連勝デッキ)
デッキコードを発行

超越ドロシーウィッチは、超越ウィッチとドロシーウィッチを組み合わせたハイブリッド型のデッキタイプです。

プレイングが難しいと言われており、使用率は少ないのですが、勝率は52.5%で有力なデッキの一つです。

上記のデッキレシピは、マスターランク11連勝を記録しています。

財宝の地図の採用が珍しいですが、手に入るアミュレットの中には、意外と相性の良いカードが多いです。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

超越ドロシーウィッチについての参考ツイッターまとめ

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

力場ウィッチの最強デッキレシピ(アンリミテッド)

力場ウィッチ2-1-20180107(MURA氏の10連勝デッキ)
デッキコードを発行

力場ウィッチも、他のスペルタイプのウィッチデッキと同じく、時空転生の新カード「マナリアの知識」によって強化されています。

上記のデッキレシピは、マスターランク10連勝を記録しています。

サモンスノーが不採用の力場ウィッチで、コールチェインで刃の魔術師や次元の魔女・ドロシーなどをサーチするデッキ構築となっています。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

力場ウィッチについての参考ツイッター

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

 

マナリアバーンウィッチの最強デッキレシピ(アンリミテッド)

マナリアバーンウィッチ1-1-20180101(黒猫氏の7連勝デッキ)
デッキコードを発行

マナリアバーンウィッチは、時空転生の新カード「魔術の始祖・マナリア」を軸として、スペルによるダメージを重視するデッキタイプです。

ローテーション環境では、バーン系のカードが少ないのでデッキ構築が難しいですが、アンリミテッド環境ではエンジェルスナイプ、死の舞踏などが採用できるのでデッキタイプとして成立するようです。

ただし、スペルが多すぎても勝ちづらいらしく、連勝デッキを探すのが難しいです。

上記のデッキレシピは、ニュートラル系のマナリアバーンウィッチで、マスターランク7連勝を記録しています。

ニュートラル系のフォロワーで相手のライフをある程度削ってから、「魔術の始祖・マナリア」で強化したバーン系のスペルで、最後の詰めをする戦略のデッキです。

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

マナリアバーンウィッチについての参考ツイッター

ウィッチの最強デッキレシピ集の目次

関連記事

  1. アグロヴァンパイア6-2-20180102(いちかわん氏の20連勝デッキ)
  2. 原初ドラゴン2-2-20180105(寝たい氏の18連勝デッキ)
  3. デウスエクスマキナ
  4. デッキ相性表(ローテーション、ナーフ後予想)
  5. アグロヴァンパイア7-1-20180109(黒まんじゅう氏の18連勝デッキ)
  6. OTKエルフ4-4-20171230(UMA氏の21連勝デッキ)
  1. www.langhecker-Hof.de 2018.04.22 6:05am

    Fazem mil coisas sem entrar na academia. http://www.langhecker-Hof.de/cgi-std/gaestebuch.cgi

    • 0
    • 0

HTMLタグはご利用いただけません。

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村