【シャドバ】白狼エルフでマスターランク26連勝のデッキを紹介!マリガンや序盤のしのぎ方ってどうすればいいの?◯◯や△△を温存しすぎると負ける?!

白狼エルフでマスターランク26連勝のデッキ

白狼エルフ2-2-20171202(sanda氏の26連勝デッキ)

白狼エルフ2-3-20171202(sanda氏の26連勝デッキ)

白狼エルフ2-1-20171202(sanda氏の26連勝デッキ)
デッキコードを発行

白狼エルフでマスターランク26連勝のsanda氏のデッキを紹介します。

新環境のエルフは、Shadowverse Logのデータでクラストップの勝率を誇っています。エルフは1コストが強いので、天界への階段のナーフの影響がないデッキタイプも多く、デッキパワーを維持して浮上している形です。

以前に本ブログで紹介したOTKエルフでグランドマスター20連勝のデッキなど、連勝数が多いデッキがいくつも生まれていますし、今期のエルフは本当に強いというイメージです。

しかし、エルフってけっこう難しいんですよ・・・

OTKのリノ算とかもありますし、序盤のしのぎ方なども簡単ではないと思います。序盤で上手く動けなくて、いつの間にか負けていた、ということにもなりがちです。特に、リノセウス確定サーチ型のデッキは、2コスト以下のフォロワーがリノセウスしかいないので、マリガンや序盤の立ち回りが重要になってきます。

そこで、sanda氏のツイッターより、マリガンや序盤のコツをまとめてみます。

①マリガンは対空射撃、森荒らしへの報い、フェアリーサークル、茨の森をキープ。

②新緑の加護は事故回避に使う。積極的に自然の導きや対空射撃でドローする。

③序盤に引いたリノセウスは除去に使っても問題ない(ミニゴブリンメイジと歴戦の傭兵・フィーナで引ける)。特に対アグロでは、リノセウスによる除去が大事。

とのことです。マリガンでは除去スペルを優先させて、新緑の加護、自然の導き、リノセウスが序盤の手札に来たときの立ち回りが重要なようです。自然の導きを温存して、ドローしなかったために事故になるとか、リノセウスを温存して、相手のフォロワーを処理しなかったとか、そういうのが敗因になりやすいということでしょう。

自然の導きやリノセウスを使いやすいのは、OTKパターンの勝ち筋だけでなく、白狼からの勝ち筋もあるからです。

sanda氏のデッキの面白いところは、古き森の白狼は2枚として、白銀の矢とキングエレファントが1枚ずつ採用されていることです。

基本的にはリノセウスを戻せるキングエレファントの方がカードパワーが高いです。しかし、sanda氏によると、9コストで白銀の矢を打てば勝てる場面が何度かあったらしく、そのために白銀の矢とキングエレファントが1枚ずつになったとのことです。

 

白狼エルフでマスターランク26連勝のsanda氏のツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村