【シャドバ】スペルウィッチで12連勝のデッキレシピ!スペルウィッチは自然カード採用型が強かった?!デッキコードあり!

スペルウィッチ(12連勝デッキ、ローテーション)

スペルウィッチ3-2-20191013(爪氏の12連勝デッキ)スペルウィッチ3-1-20191013(爪氏の12連勝デッキ)スペルウィッチ3-3-20191013(爪氏の12連勝デッキ)
デッキコードを発行

爪氏がローテーション12連勝を達成したスペルウィッチのデッキレシピです。

自然カードをタッチしているのが特徴で、自然タイプを持つ「エレメンタル・マナ」「荒野の休息」「極点のエレメンタル」と、ドローソースである「ワンダーコック」「カオスウィザード」が森羅咆哮の新カードになります。

Twitterによると、ドロシーウィッチのように、コストを下げてフォロワーを一気に多面展開する動きが強いとのことです。さらに、ハンドリソースが安定するので、被スペブカードを積極的にキープできるようです。

自然カードは「エレメンタル・マナ」「荒野の休息」「極点のエレメンタル」の3種類に厳選されていますが、アクセラレート1を持つ極点のエレメンタルを含めて、いずれも低コストでスペルブーストを進められます。

エレメンタル・マナ 0~1コスト
荒野の休息 2コスト
極点のエレメンタル 1コスト(アクセラレート)

これらのいずれかを「ワンダーコック」で2枚サーチするので、ワンダーコックでスペルブースト2回を計算できます。

ワンダーコックの2枚サーチに加えて、「カオスウィザード」も2枚ドローできるので、2ドローのカードが合計6枚もデッキに含まれています。

感覚的には、精神統一と運命の導きを両方使える場合に近いかもしれません。

さらに1枚ドローできるカードが、「知恵の光」「エレメンタル・マナ」「マジックミサイル」「荒野の休息」「未知の求道者・クラーク(真理の術式)」の5種類15枚あるので、手札はかなり豊富になると言えるでしょう。

2コストフォロワーが不採用ですが、ドロシーウィッチ感覚と言われれば納得です。

相手にフォロワーを展開されても、一気に返す手段を持っていますし、1コストスペルが6枚あるので、後攻2ターン目にウインドブラストを使いやすいと思います。

エレメンタル・マナ」は、10ターン目以降だと盤面2点とバーン2点も付くのでなかなか強力です。

極点のエレメンタル」はナテラの大樹だけでなく、未知の求道者・クラークからの土の魔片も戻せますね。盤面を広く使いたいタイミングで、ナテラの大樹を手札に戻すという使い方もあるでしょう。

自然タッチのスペルウィッチは、低コストスペルになる自然カードに着目した面白いデッキタイプですね。

 

スペルウィッチで注目の新カード

エレメンタル・マナ(ウィッチ)

エレメンタル・マナ(ウィッチ)
エレメンタル・マナ(ウィッチ)
シルバー スペル(自然) 1コスト

ナテラの大樹1枚を手札に加える。
5ターン目かそれ以降なら、自分のPPを1回復。10ターン目かそれ以降なら、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに2ダメージ。

 

ナテラの大樹(ニュートラル、関連カード)

ナテラの大樹(ニュートラル)
ナテラの大樹(ニュートラル)
ブロンズ アミュレット(自然) 1コスト

【ファンファーレ】自分の場に他のナテラの大樹があるなら、ランダムに1つを破壊する。
【ラストワード】カードを1枚引く。

 

極点のエレメンタル(ウィッチ)

極点のエレメンタル(ウィッチ)
極点のエレメンタル(ウィッチ)
レジェンド フォロワー(自然) 7コスト
進化前3/3→進化後5/5

【アクセラレート 1】自分のアミュレット1つを手札に戻す。相手のフォロワー1体に2ダメージ。戻したカードがナテラの大樹なら、2ダメージではなく3ダメージ。(自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる)
————
守護
【ファンファーレ】自分の場にアミュレットがあるなら、1つを手札に戻し、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。戻したカードがナテラの大樹なら、2ダメージではなく3ダメージ。

 

スペルウィッチの連勝デッキのツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村