【シャドバ】鋼鉄の反逆者のヴァンパイアのデッキを3つ紹介!機械、復讐、蝙蝠ヴァンプのデッキレシピ!デッキコードあり!【シャドウバース】

鋼鉄の反逆者(リベリオン)
新パック「鋼鉄の反逆者(リベリオン)」のヴァンパイアの新デッキを3つ紹介します。

機械ヴァンパイア
復讐ヴァンパイア
蝙蝠ヴァンパイア

の3つになります。

鋼鉄の反逆者では、機械ヴァンパイアという新しいデッキタイプが生まれ、キーカードとなるのがレジェンド「真紅の抗戦者・モノ」です。

もう1枚のレジェンド「魔眼の蛇神・メドゥーサ」や、ドローソースの「悪夢の始まり」もカードパワーが高く、注目すべき新カードだと思います。

 

鋼鉄の反逆者の機械ヴァンパイアのデッキ

機械ヴァンパイア(鋼鉄の反逆者の新デッキ)

フォロワー コスト 枚数
真紅の挑戦者・モノ 3枚
獄炎のデーモン 3枚
メカゴブリン 3枚
片翼の悪魔・ピユラ 3枚
双石の悪魔 2枚
アーマードバット 3枚
デビルアイドル・トリル 1枚
魔眼の蛇神・メドゥーサ 3枚
サロメ 2枚
鉄刃の悪鬼 1枚
飢餓の絶傑・ギルネリーゼ 2枚
マシンエンジェル 3枚
機械神 2枚
スペル コスト 枚数
姦淫の口付け 3枚
鋭利な一裂き 3枚
悪夢の始まり 3枚

デッキコードを発行

ローテーション環境の機械ヴァンパイアのデッキレシピです。

鋼鉄の反逆者の新カードは「真紅の抗戦者・モノ」「獄炎のデーモン」「メカゴブリン」「アーマードバット」「悪夢の始まり」「魔眼の蛇神・メドゥーサ」「鉄刃の悪鬼」「マシンエンジェル」「機械神」の9種類を採用しています。

機械ヴァンパイアはデッキ構築が難しめのイメージで、復讐ヴァンパイアの要素を入れているデッキや、自傷ヴァンパイアの要素を入れているデッキもありますが、このデッキではバフの要素を少し取り入れています。

機械カードに採用枠を多く取られるので、ハイリスクハイリターンな復讐や自傷の要素を中途半端に取り入れようとすると、まとめるのが難しくなると思います。

デッキプランの軸となる新カードは「真紅の抗戦者・モノ」「魔眼の蛇神・メドゥーサ」で、それを支えるのが優秀なドローソースの「悪夢の始まり」です。

真紅の抗戦者・モノは、条件を満たした場合(このバトル中に破壊された自分の機械・フォロワーが7体以上)に、7PPでの動きとして、

7PP:真紅の抗戦者・モノ → ファースト・ワン

とすると、「7コストで疾走6点+守護」として使えて、同時に盤面の機械フォロワーを進化させるので+2/+2のバフとなります。

アーマードバットのエンハンス6で、「5/5守護+ラストワードでプロダクトマシーン(1/1機械フォロワー)を2体出す」となるので、

6PP:アーマードバット(エンハンス6)
7PP:真紅の抗戦者・モノ → ファースト・ワン

の流れだと、ラストワードのプロダクトマシーンが盤面に残りやすくなります。

さらに、9PPで真紅の抗戦者・モノを2枚持っている場合は、

9PP:真紅の抗戦者・モノ2枚 → ファースト・ワン

とすると、「9コストで疾走12点+守護2枚」となるので強力です。

8コストでマシンエンジェルを出すと、6/6守護+1/1+1/1(すべて機械タイプ)で、守護の裏にプロダクトマシーンを2体隠すことができ、

8PP:マシンエンジェル
9PP:真紅の抗戦者・モノ2枚 → ファースト・ワン

の流れで、盤面に残ったプロダクトマシーンを進化できると非常に強力です。

獄炎のデーモンや片翼の悪魔・ピユラでバフをかけると、疾走打点がさらに上がります。

ただし、真紅の抗戦者・モノを引けないとフィニッシュの部分が弱いので、サブプランとして「フォロワーの横展開からの飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」も組み込んでいます。

新カードの「魔眼の蛇神・メドゥーサ」のフォロワー展開力や、アーマードバットやマシンエンジェルから出てくるプロダクトマシーンの横並びを生かすためのギルネリーゼです。

 

鋼鉄の反逆者の復讐ヴァンパイアのデッキ

復讐ヴァンパイア(鋼鉄の反逆者の新デッキ)

フォロワー コスト 枚数
片翼の悪魔・ピユラ 3枚
獄炎のデーモン 2枚
ライカンベルセルク 2枚
銀鎖の使徒 2枚
双石の悪魔 2枚
人狼の王・ヴァルツ 3枚
レイジコマンダー・ラウラ 3枚
ダークジェネラル 3枚
揺らぎの斬姫・ナルメア 2枚
魔眼の蛇神・メドゥーサ 3枚
ダークデビル・ミルナード 1枚
カラミティブリンガー 2枚
破滅のサキュバス 10 1枚
スペル コスト 枚数
姦淫の口付け 3枚
鋭利な一裂き 3枚
悪夢の始まり 3枚
理性の崩壊 2枚

デッキコードを発行

ローテーション用の復讐ヴァンパイアのデッキレシピです。

鋼鉄の反逆者の新カードは「魔眼の蛇神・メドゥーサ」「悪夢の始まり」「獄炎のデーモン」「破滅のサキュバス」の4種類になります。

前環境では、純心の歌い手(SFL)が抜けてしまったので、復讐ヴァンパイアのドローソースはかなり貧弱だったのですが、新カードの「悪夢の始まり」で盤面を強化しながら2枚サーチできるようになりました。

悪夢の始まりはフォロワーを2枚サーチするので、姦淫の口付けや鋭利な一裂きが手札にあふれて動きにくくなる、という心配がないのもメリットです。

さらに、「魔眼の蛇神・メドゥーサ」の追加が大きいと思います。

昔はカオスシップという5コストでのフォロワー展開カードがありましたが、魔眼の蛇神・メドゥーサなら復讐状態でなくても強いですし、進化時効果でメドゥシアナを手札に加えるので、大型守護などを処理しやすくなります。

以下は、5ターン目からの動きの一例です。

5T:魔眼の蛇神・メドゥーサ
6T:人狼の王・ヴァルツ → ブラッドムーン
7T:カラミティブリンガー
8T:ダークジェネラル+レイジコマンダー・ラウラ進化

5ターン目に盤面を強化できるので、6ターン目にヴァルツからブラッドムーンを置きやすくなっていると思います。

8ターン目はダークジェネラル2枚や、ダークジェネラル+レイジコマンダー・ラウラや、ダークジェネラル+鋭利な一裂き2枚など、攻撃的な動きをしやすいターンなのですが、その前にカラミティブリンガーで盤面処理をしたいところです。

新カードの「破滅のサキュバス」は、10コストで重いですが、進化でコストが下がるので人狼の王・ヴァルツとの相性も良く、1枚だけ採用しています。

ちなみに、人狼の王・ヴァルツは、①先攻3ターン目と6ターン目のどちらも使いやすい、②レイジコマンダー・ラウラに進化を切りたい、③破滅のサキュバスとの相性が良い、などの理由で3枚採用です。

後攻の場合はやや使いにくいので、ライカンベルセルクからのブラッドムーンや、揺らぎの斬姫・ナルメアの進化で復讐状態に入ることを想定しています。

最後に、2コストフォロワーの選択がなかなか難しく、採用枚数を散らしていますが、環境に応じて最適化されるとスッキリしてくるかもしれないです。

 

鋼鉄の反逆者の蝙蝠ヴァンパイアのデッキ

蝙蝠ヴァンパイア(鋼鉄の反逆者の新デッキ)

フォロワー コスト 枚数
双石の悪魔 3枚
狂恋の華鎧・ヴィーラ 3枚
姦淫の従者 3枚
姦淫の絶傑・ヴァーナレク 3枚
フラウロス 3枚
邪眼の悪魔 3枚
闇喰らいの蝙蝠 3枚
スペル コスト 枚数
眷属への贈り物 3枚
姦淫の口付け 2枚
血の取引 3枚
鋭利な一裂き 3枚
姦淫の翼 2枚
悪夢の始まり 3枚
アミュレット コスト 枚数
不穏なる闇の街 3枚

デッキコードを発行

ローテーション用の蝙蝠ヴァンパイアのデッキレシピです。

鋼鉄の反逆者の新カードは「悪夢の始まり」3枚だけですが、蝙蝠ヴァンパイアの完成度が元から高いということでしょう。

前環境では、純心の歌い手(SFL)が抜けてドローソースが弱体化していたので、悪夢の始まりはその穴埋めで3コスト枠に自然に入ります。

ちなみに、不採用の「魔眼の蛇神・メドゥーサ」はカードパワー自体は高いですが、5PPも使って自傷0回というのがイマイチですし、進化権を切りたいフォロワーが他にたくさんあります。

メドゥーサの盤面展開力でロイヤルなどに勝とうとしても、おそらく無駄で、自傷回数を稼げない分だけ苦しくなりそうなイメージです。

蝙蝠ヴァンパイアは、機械ヴァンパイアや復讐ヴァンパイアに比べて新カードが少ないので、流行しづらいとは思いますが、有力なデッキタイプの一つだと思います。

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村