【シャドバ】鋼鉄の反逆者のエルフのデッキを3つ紹介!機械、アグロ、機械アグロエルフのデッキレシピ!デッキコードあり!【シャドウバース】

鋼鉄の反逆者(リベリオン)
新パック「鋼鉄の反逆者(リベリオン)」のエルフの新デッキを3つ紹介します。

・機械アグロエルフ
・アグロエルフ
・機械エルフ

の3つになります。

エルフの新カードの中では、レジェンド「クイーンセイバー・シンシア」「デュアルフェンサー・クリフト」の2枚と、その他の機械関連カードとして「マシンランスエルフ」「鉄弓の射手」「森の隠者」「機械ミノムシ」などが注目です。

 

鋼鉄の反逆者の機械アグロエルフのデッキ

機械アグロエルフ(鋼鉄の反逆者の新デッキ)

フォロワー コスト 枚数
ゴブリン 3枚
ウォーターフェアリー 3枚
機械ミノムシ 3枚
デュアルフェンサー・クリフト 3枚
歴戦の鷹匠 3枚
水晶の指揮者・リリィ 3枚
フェアリーウィスパラー 2枚
森の女王・リザ 3枚
森の隠者 1枚
天禀の射手・メーテラ 3枚
ルーナルツインズ・リナ&レナ 3枚
鉄弓の射手 2枚
マシンランスエルフ 2枚
マシンエンジェル 3枚
スペル コスト 枚数
森荒らしへの報い 3枚

デッキコードを発行

鋼鉄の反逆者の機械アグロエルフのデッキレシピです(ローテーション環境)

新カードは「マシンエンジェル」「マシンランスエルフ」「鉄弓の射手」「森の隠者」「デュアルフェンサー・クリフト」「機械ミノムシ」の6種類で、すべて機械関連カードになっています。

前環境のアグロエルフの採用枠と比較すると(2番目のデッキは前環境の構築に近い)、

アーボリスト・ライラ → 機械ミノムシ
フェアリーサークル → マシンエンジェル
エルフの鍛冶師・レーネ&インセクトキング→ デュアルフェンサー・クリフト
バッタの指揮者orスターリーエルフ(SFL) → 森の隠者
翠嵐の斧使い → マシンランスエルフ
自然の教え手・アレア(SFL) → 鉄弓の射手

少しイメージが違うものもありますが、大体こんな感じです。

これらの中でも、エルフの鍛冶師・レーネとインセクトキングの両方に似た動きを同時にできる「デュアルフェンサー・クリフト」はカードパワーが高いと思います。

ただし、このデッキは機械カードが13枚で少ないので、「デュアルフェンサー・クリフト」と「鉄弓の射手」の2種類が上手く機能するかがポイントですね。

一応、機械サーチの森の隠者(1枚)があり、森の女王・リザ(3枚)のラストワードは、機械タイプのマシンランスエルフの確定サーチなので、合計13枚+1枚+3枚=17枚になります。

 

鋼鉄の反逆者のアグロエルフのデッキ

アグロエルフ(鋼鉄の反逆者の新デッキ)

フォロワー コスト 枚数
ゴブリン 3枚
ウォーターフェアリー 3枚
アーボリスト・ライラ 3枚
白華の弓使い 3枚
歴戦の鷹匠 3枚
水晶の指揮者・リリィ 3枚
フェアリーウィスパラー 3枚
森の女王・リザ 3枚
天禀の射手・メーテラ 3枚
ルーナルツインズ・リナ&レナ 3枚
翠嵐の斧使い 3枚
マシンランスエルフ 1枚
スペル コスト 枚数
フェアリーサークル 3枚
森荒らしへの報い 3枚

デッキコードを発行

鉄鋼の反逆者のアグロエルフのデッキレシピです。

エルフの鍛冶師・レーネとインセクトキングが、ローテーション環境で使えなくなったので、新カードの「白華の弓使い」で穴を埋めています。

白華の弓使いはエンハンス7があるのが長所ですが、それ以外ではレーネやインセクトキングよりも使いにくいので、総合的なデッキパワーはやや落ちていると思います。

マシンランスエルフは、最大5点(進化込みなら最大7点)を相手リーダーに与えながら、相手のフォロワーを処理しつつ、盤面にも残るのでカードパワーが高いです。

ただし、翠嵐の斧使いよりも1コスト重いので1枚だけの採用して、森の女王・リザで確定サーチできますが2枚以上引かないようにしています。

相手がアーカスネクロで盤面にフォロワーがいないとか、相手がリモニウムビショップでヘヴンリーイージスだけが盤面にあるとか、マシンランスエルフが上手く働かない状況もあるので注意が必要です。

 

鋼鉄の反逆者の機械エルフのデッキ

機械エルフ(鋼鉄の反逆者の新デッキ)

フォロワー コスト 枚数
ゴブリン 3枚
機械ミノムシ 3枚
デュアルフェンサー・クリフト 3枚
歴戦の鷹匠 3枚
水晶の指揮者・リリィ 2枚
メカゴブリン 2枚
森の女王・リザ 3枚
森の隠者 2枚
天禀の射手・メーテラ 3枚
鉄弓の射手 2枚
神箭の射手・スーテラ 1枚
クイーンセイバー・シンシア 3枚
マシンランスエルフ 2枚
マシンエンジェル 3枚
機械神 2枚
スペル コスト 枚数
森荒らしへの報い 3枚

デッキコードを発行

3つ目はローテーション環境の機械エルフのデッキレシピです。

機械タイプを持つカードが17枚(+機械サーチ2枚)で、機械に寄せたデッキ構築となっています。

デッキプランとしては、5ターン目あたりに「デュアルフェンサー・クリフト」を絡めて、相手の盤面を処理しながらのフォロワー展開を狙います。

6ターン目の盤面にエルフフォロワーが残れば、「クイーンセイバー・シンシア」を強く使えるので盤面を取りにいきます。

7ターン目以降は「マシンランスエルフ」の攻撃時効果で相手リーダーのライフを削りに行きたいです。

「機械神」はマシンランスエルフとの相性が良く、機械神でマシンランスエルフを出せば、突進からすぐに攻撃時効果を発揮できます。

7T:マシンランスエルフ 6/3突進
8T:機械神(マシンランスエルフが出る) 5/5+6/3突進

という動きで、相手リーダーにダメージを与えながら、同時に盤面処理もしつつ、さらにフォロワー展開もしています。

そのまま押し込んでリーサルというのが理想的な展開です。

ちなみに神箭の射手・スーテラは、ロイヤルの「トランプルフォートレス」や、ヴァンパイアの「魔眼の蛇神・メドゥーサ」などを警戒しての1枚採用です。

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村