【シャドバ】連携ネクロで18連勝のデッキレシピ!連携ネクロでアンデッドパレードが強すぎる?!デッキコードあり!

連携ネクロ(18連勝デッキ、ローテーション)

連携ネクロ1-2-20201229(らき氏の18連勝デッキ)連携ネクロ1-1-20201229(らき氏の18連勝デッキ)連携ネクロ1-3-20201229(らき氏の18連勝デッキ)
デッキコードを発行

らき|W&M氏がローテーション18連勝を達成した連携ネクロのデッキレシピです。

十天覚醒の新カードは「アンデッドパレード」「ソウルガイド」の2種類が採用されています。

「天覇風神・フェイラン」を3枚採用して盤面を作って攻めるという戦い方の他に、「死期を視るもの・グレモリー」の直接召喚も狙えるデッキになっていますね。

葬送ネクロとグレモリーネクロのいいとこ取りのデッキのようなイメージです。

2つを両立させるための新カードが「アンデッドパレード」で、1ターン目から1/1を2体並べることができ、同時にグレモリーカウントを4つ進めることができます。

ただし、「アンデッドパレード」は盤面が強くなる代わりに手札を失ってしまうので、同じく新カードの「ソウルガイド」で手札を補充しながら戦う感じになります。

前期のドローソースである「イグジストソード・ギルト」と違って、「ソウルガイド」は盤面に2/1フォロワーを置くことができるので、葬送ネクロ寄りの盤面強化の動きに向いているドローソースです。

生贄を必要とする「ソウルガイド」を2ターン目に着地させるために、「アンデッドパレード」だけでなく「ボーンフリーク」も採用されていますね。

6枚の受けがあれば、そこそこの確率で2ターン目にドローソースである「ソウルガイド」を着地させて、その後の流れを安定させられると思います。

「アンデッドパレード」の弱点である手札を失うことについては、「ゴブリンクイーン」で入手できる「ゴブリン」を葬送させることもでき、この点は「《恋人》・ミルティオ」も同じですね。

葬送を必要とするカードをまとめて採用することで、シナジーが生まれるようにデッキ構築がされています。

前期のグレモリーネクロと比べると、序盤の盤面を強くしやすいので、苦手なアグロデッキに対しても戦いやすいと思います。

さらに、ゲームが長引いた場合は「死期を視るもの・グレモリー」を直接召喚して、「ネクロインパルス」「トリニティーモンスター」を使って勝利を狙うこともできるので、相手に盤面を上手く処理された場合でも十分に戦えるでしょう。

 

連携ネクロの連勝デッキのツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村