【シャドバ】庭園ランプドラゴンで22連勝のデッキレシピ!庭園ランプドラゴンは神魚ディズレスタン採用型の方が強いかも?!デッキコードあり!

庭園ランプドラゴン(22連勝デッキ、ローテーション)

庭園ランプドラゴン3-2-20201231(ねふさん氏の22連勝デッキ)庭園ランプドラゴン3-1-20201231(ねふさん氏の22連勝デッキ)庭園ランプドラゴン3-3-20201231(ねふさん氏の22連勝デッキ)
デッキコードを発行

ねふさんがローテーション22連勝を達成した庭園ランプドラゴンのデッキレシピです。

十天覚醒の新カードは「神魚・ディズレスタン」「始原の竜・バハムート」「古今独歩の大拳豪・ガンダゴウザ」「未来への飛翔」「フラッフィーエンジェル」の5種類が採用されています。

庭園ランプドラゴンは「神魚・ディズレスタン」の採用で意見が分かれますが、この連勝デッキでは採用されていますね。

逆に不採用の連勝デッキも多いのですが(例:庭園ランプドラゴンの22連勝デッキ)、デッキレシピを比較してみると面白いかもしれません。

神魚採用型の長所としては、

・神魚・ディズレスタンのパワーが非常に高い。
・デッキ内の大型フォロワーの総数が多くなる。
・深海の接近を強く使える。

などですね。

「神魚・ディズレスタン」が不採用で、「ドラゴニックコール」から「竜喰らう禁忌」を確定サーチする構築もありますが、もともとデッキ内の大型フォロワーが少ないだけでなく、「竜喰らう禁忌」のアクセスが良すぎるために融合が多くなる傾向もあり、大型フォロワーが不足することがあります。

「神魚・ディズレスタン」を採用しておけば大型フォロワーが多くなりますし、全体除去の総数も多くなるので、気軽に使いやすくなるでしょう。

 

「深海の接近」を採用しやすいのも、神魚採用型のメリットですね。

「神魚・ディズレスタン」に疾走が付与されると非常に強く、全体除去しながら13点疾走というとんでもない動きが可能です。

「鳳凰の庭園」を破壊されて手詰まりになりそうな時など、状況を打開できる手段になったりしますね。

庭園ランプドラゴンの負けパターンの一つとして、「万華の鳳凰」が引けないというパターンもあり、「深海の接近」は地味に「万華の鳳凰」へのアクセスを良くしているというメリットもあります。

「神魚・ディズレスタン」をサーチして疾走付与するのが最高ですが、「万華の鳳凰」など他のフォロワーをサーチして助かることもあるでしょう。

単純に低コストの除去スペルという点でも「深海の接近」は役立ちます。

たとえば、対狂乱ヴァンプで序盤の「サードニックデーモン」などを放置して自傷回数を稼がれて、早期に狂乱状態に入られるという危険なパターンがありますが、(ランダム性がありますが盤面状況によっては)上手く処理できたりしますね。

いずれにしても、「深海の接近」はできれば採用したいカードなので、「神魚・ディズレスタン」採用型だと採用しやすいのが長所です。

 

ただし、神魚不採用型にも長所はあるので、どちらが良いのかは難しいところです。

これは予想なのですが、アミュレット対策が環境に増えてきたら、「神魚・ディズレスタン」がコストを下げて使えることや、「深海の接近」で「万華の鳳凰」へのアクセスが良くなる利点が大きくなるかもしれないと思います。

 

庭園ランプドラゴンの連勝デッキのツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村