【シャドバ】蒼空の騎士のフェリOTKネクロ(屍病の街ネクロ)のデッキレシピを紹介!フェリも屍病の街もデッキを組んでみたら実は強かった?!【シャドウバース】

幽想の少女・フェリOTKネクロ(蒼空の騎士の新デッキ)

幽想の少女・フェリOTKネクロ(屍病の街コントロールネクロ)の新デッキ(2)

フォロワー コスト 枚数
幽想の少女・フェリ 3枚
心眼の双葬女・レディ・グレイ 3枚
蒼の少女・ルリア 3枚
禁呪の恋人・サルナーン 2枚
アンドレアルフス 2枚
怪物の少女・フラン 3枚
純心の歌い手 3枚
バイヴカハ 2枚
災厄の屍王 3枚
ダラダラ天使・エフェメラ 2枚
幽霊支配人・アーカス 3枚
プロトバハムート 3枚
スペル コスト 枚数
ソウルコンバージョン 2枚
熾天使の剣 3枚
アミュレット コスト 枚数
屍病の街 3枚

新パック「蒼空の騎士」では強力な新カードが多く発表されていますが、その中でもネクロマンサーの新カードは弱いと言われています。その中でもレジェンドの「幽想の少女・フェリ」は、10ターン目まで2/2バニラで弱いという評価が多いと思います。

しかし、「起源の光、終焉の闇」で弱かったネクロマンサーを、運営が本当に放置したままなのでしょうか?

新弾「蒼空の騎士」のネクロマンサーは本当は強いのではないか?

という想いで、幽想の少女・フェリを使ったフェリOTKコンボの新デッキを試しに作ってみました。

フェリを同じく巷での評価がイマイチな「屍病の街」によるコントロール要素も搭載しています。フェリOTKコンボ、あるいは屍病の街コントロール、と呼べるデッキになっていると思います。

この記事では、

①屍病の街によるコントロール
②幽想の少女・フェリによるOTKコンボ
③その他の注目の新カード

の順番で、新デッキを解説しています。

アリサ(2-4)
ツイッターで最新デッキ情報をチェック!

蒼空の騎士のおすすめデッキレシピ集のまとめ

蒼空の騎士のエルフのデッキレシピ集
蒼空の騎士のロイヤルのデッキレシピ集
蒼空の騎士のウィッチのデッキレシピ集
蒼空の騎士のドラゴンのデッキレシピ集
蒼空の騎士のネクロのデッキレシピ集
蒼空の騎士のヴァンプのデッキレシピ集
蒼空の騎士のビショップのデッキレシピ集
蒼空の騎士のネメシスのデッキレシピ集

 

屍病の街による盤面のコントロール

屍病の街は7コストで重いですが、非常に強力な効果を持つアミュレットです。

幽想の少女・フェリによるOTKコンボは10ターン目以降に可能となるので、それまで耐えるのが屍病の街の役割になります。

蒼空の騎士の新カード「プロトバハムート」「蒼の少女・ルリア」と組み合わせることで、10ターン目までの盤面をコントロールすることができます。

 

屍病の街(ネクロマンサー)

屍病の街(ネクロマンサー)
屍病の街(ネクロマンサー)
ゴールド アミュレット 7コスト

カウントダウン2
お互いの場にフォロワー(ゾンビを除く)が出るたび、ゾンビに変身させる。
【ファンファーレ】お互いのフォロワーすべてをゾンビに変身させる。


 

盤面をゾンビだらけにするアミュレットです。

相手の疾走も通らなくなりますし、変身なのでラストワードも働かなくなります。相手のデッキがフォロワー主体の場合、盤面にゾンビを出す以外の動きが大幅に制限されます。

8ターン目に屍病の街を出すと、10ターン目にちょうどカウントダウンが切れるので、そのタイミングで幽想の少女・フェリによりOTKコンボを狙えます。

ただし、相手のゾンビを処理する必要があるので、2点以上のAOE(全体除去)がないと使いづらいです。

また、熾天使の剣、堕天、魔導狙撃士・ワルツ(浄化の聖弾)、相反する息吹・ガルア(黒の息吹)などのアミュレット対策カードに注意する必要もあります。

 

プロトバハムート(ニュートラル)

プロトバハムート(ニュートラル)2
プロトバハムート(ニュートラル)
レジェンド フォロワー 9コスト
進化前8/8→進化後10/10

アクセラレート7;お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
————
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。


 

屍病の街を出した後に、相手の盤面にワラワラいるゾンビ(2/2)を一掃するために、プロトバハムートを採用しています。

屍病の街とセットで全体除去はどうしても必要なのですが、ブラックスワン・オディールはターン終了時の能力なので、屍病の街でゾンビになってしまって全体除去が不可能になります。

プロトバハムートも9コストで使った場合はターン終了時の能力なので駄目ですが、アクセラレートの7コストでスペルとして使えば問題ないです。

全体除去の候補としては、全体3点のプロトバハムートか、全体4点の死滅の霧になります。このデッキでは、新カード「蒼の少女・ルリア」からもアクセスできるプロトバハムートを採用しています。

7T:幽霊支配人・アーカス
8T:屍病の街
9T:蒼の少女・ルリア(エンハンス8)→プロトバハムート(アクセラレート)
10T:幽想の少女・フェリによるOTKコンボ

のような流れが理想ムーブとなります。

7ターン目に屍病の街を置いた場合は、

7T:屍病の街
9T:プロトバハムート(アクセラレートなし)

のように、屍病の街のカウントダウンがちょうど切れるタイミングで、プロトバハムートを普通に置くこともできます。

 

蒼の少女・ルリア(ニュートラル)

蒼の少女・ルリア(ニュートラル)2
蒼の少女・ルリア(ニュートラル)
ゴールド フォロワー 2コスト
進化前1/1→進化後3/3

【ファンファーレ】「次に受けるダメージは0になる」を持つ。
エンハンス8;コスト7以上のニュートラル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、自分のPPを7回復。


 

デッキ内のプロトバハムートにアクセスできるカードです。このデッキでは、ルリアからプロトバハムートを確定サーチできるので、

7T:屍病の街
8T:ルリア(エンハンス8)→プロトバハムート(アクセラレート)

という動きで、ちょうど全体除去が間に合います。

蒼の少女・ルリア3枚と合わせると、プロトバハムートへのアクセスが6枚になるのが最大の長所ですが、幽霊支配人・アーカスとの相性が良いのもポイントです。

フェリOTKコンボで、エフェメラがコンボパーツになる場合は20点に届きますが、バイヴカハがコンボパーツになる場合は18点になってしまうことがあります。

その場合に、アーカスからルリアで出てきたゴーストの疾走2点で、リーサル圏内に持ち込むことができます。

 

屍病の街が引けなかったら?

幽霊支配人・アーカスが引けている場合は、疾走のゴーストによって盤面の処理がある程度はできます。ダラダラ天使・エフェメラでゴーストの打点を上げたり、怪物の少女・フランでゴーストを出しながらフランの呪いで処理するのも効果的です。

プロトバハムートと蒼の少女・ルリアで、プロトバハムート6枚体制なので、フォロワーの横並べに対しては、それなりに対処できます。ゴーストやプロトバハムートで除去しづらい大型フォロワーには、熾天使の剣のエンハンスで確定除去という手段もあります。

幽霊支配人・アーカスを出していれば、10ターン目まで耐え切れればフェリOTKコンボによる勝機があります。

ただし、屍病の町を出せていないと、相手の疾走は素通しになってしまいます。新環境は疾走が全体的に強くなっているイメージなので、守りに入るよりは、災厄の屍王や幽霊支配人・アーカスで攻めた方が勝ちやすいかもしれないです。

 

幽想の少女・フェリによるOTKコンボ

幽想の少女・フェリOTKネクロ(屍病の街コントロールネクロ)の新デッキ(2)
(新パック「蒼空の騎士」のフェリOTKネクロの新デッキ)

屍病の街とプロトバハムートで8~9ターンを耐えられれば、10ターン目に幽想の少女・フェリによる1ターン20点以上のOTKコンボを決めることができます。

必須のコンボパーツは幽想の少女・フェリと幽霊支配人・アーカスの2枚で、もう1つのコンボパーツとしてダラダラ天使・エフェメラかバイヴカハが必要になります。

他には2コストフォロワーが1枚必要ですが、新カード「禁呪の恋人・サルナーン」がフェリOTKコンボにはベストの2コストフォロワーです。

7T:幽霊支配人・アーカス
8T:屍病の街
9T:蒼の少女・ルリア→プロトバハムート
10T:フェリOTKコンボ

が理想ムーブとなります。

 

幽想の少女・フェリ(ネクロマンサー)

幽想の少女・フェリ(ネクロマンサー)4
幽想の少女・フェリ(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 2コスト
進化前2/2→進化後4/4

【ファンファーレ】このターンが自分の10ターン目かそれ以降なら、2回葬送する。2回葬送したなら、ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては「1ターンに3回攻撃できる」を持つ。
(2回葬送するには、幽想の少女・フェリが場に出たあと、自分の場に空きが2つ以上必要)


 

幽想の少女・フェリは10ターン目以降に、自分の他のフォロワーすべてに「3回攻撃できる能力」を与えることができます。

ただし、2回葬送するのが能力の発動条件となっており、フェリを出すための場を含めて、自分の場に空きが3つ必要です。したがって、フェリの能力で3回攻撃できるのは、あらかじめ場にいる最大2体までのフォロワーまでとなります。

幽霊支配人・アーカスをあらかじめ出しておくと、10PPで、

2コストフォロワー(ゴースト2体が出る)
 ↓
幽想の少女・フェリ(ゴースト2体が3回攻撃を持つ+1回攻撃のゴースト2体が出る)
 ↓
ダラダラ天使・エフェメラ

という手順で、1ターンに疾走22点のOTKコンボが実現します。

3回攻撃できるゴーストの攻撃力がエフェメラの能力で、2点→3点→4点と上がるので合計9点、そのゴーストが2体なので9点×2体=18点。

フェリから出てきた1回攻撃のゴーストの攻撃力がエフェメラの能力で2点となるので、2点×2体=4点。

これらを合わせて、18点+4点=22点なので、OTK(ワンターンキル)になります。

ダラダラ天使・エフェメラ(ニュートラル)
ダラダラ天使・エフェメラ(ニュートラル)
ブロンズ フォロワー 5コスト
進化前1/3→進化後3/5

潜伏
自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを、ターン終了まで+1/+0する。


 

ダラダラ天使・エフェメラの代わりにバイヴカハを使った場合は、

2コストフォロワー(ゴースト2体が出る)
 ↓
幽想の少女・フェリ(ゴースト2体が3回攻撃を持つ+1回攻撃のゴースト2体が出る)
 ↓
バイヴカハ(エンハンス6)

の動きで、ぴったり10PPになります。

ゴースト(3回攻撃)、ゴースト(3回攻撃)、ゴースト(1回攻撃)、ゴースト(1回攻撃)、ゴースト(1回攻撃)

のように、5体のゴーストが盤面に並びます。

バイヴカハのエンハンス6の能力は、全体バフ1点に加えて、ランダム1体に1点バフがかかるので、3回攻撃できるゴーストにランダムバフがかかった場合は、

攻撃力3(×3回)、攻撃力2(×3回)、攻撃力2(×1回)、攻撃力2(×1回)、攻撃力1(×1回)

となるので、合計20点のOTKコンボとなります。

不運にも1回攻撃できるゴーストにランダムバフがかかった場合は、

攻撃力2(×3回)、攻撃力2(×3回)、攻撃力3(×1回)、攻撃力2(×1回)、攻撃力1(×1回)

となるので、合計18点でOTKには2点足りなくなります。

このため、蒼の少女・ルリア(エンハンス8)→プロトバハムート(アクセラレート7)、という動きを挟んでおくと、ルリアから出てきたゴースト2点で相手のライフを18にしておくことができます。

バイヴカハ(ニュートラル)

【ファンファーレ】ランダムな自分の他のフォロワー1体を+1/+0する。エンハンス6;自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。エンハンス9;バイヴカハの福音1枚を手札に加える。

 

禁呪の恋人・サルナーン(ネクロマンサー)

禁呪の恋人・サルナーン(ネクロマンサー)禁呪の恋人・サルナーン(ネクロマンサー)
ブロンズ フォロワー 2コスト
進化前2/2→進化後4/4

【ファンファーレ】ネクロマンス6;相手のフォロワー1体は、能力をすべて(攻撃力/体力はそのまま)失う。


 

禁呪の恋人・サルナーンは、カードパワー自体はそれほど高くない2コスト2/2フォロワーですが、幽想の少女・フェリのOTKコンボを決める時に強力なフォロワーです。

10PP:サルナーン+フェリ+エフェメラ(疾走22点)

のコンボを決める場合に、サルナーンの能力で守護1枚を無視できるのが大きいです。

10PP:サルナーン+フェリ+バイヴカハ(エンハンス6)(疾走18点または20点)

という動きも、ちょうど10PPで可能となります。

フェリOTKコンボを狙う場合の、ベストな2コストフォロワーだと思います。

 

幽霊支配人・アーカスがなくてもOTKをするためには?

幽想の少女・フェリのOTKコンボは、フェリに加えて幽霊支配人・アーカスも必須のコンボパーツになります。3枚+3枚を絶対に必要とするコンボは成立がやや難しいです。

そこで、幽霊支配人・アーカスがなくても実現できるOTKコンボを考えてみました。ただし、このデッキの採用カードに加えて、悪戯な霊魂も必要になります。(このデッキでは不可能です)

厳密にはOTKではないですが、9ターン目にあらかじめダラダラ天使・エフェメラを置いておきます。

9T:ダラダラ天使・エフェメラ

もし、潜伏のエフェメラが処理されずに盤面に残ると、

10T:悪戯な霊魂(ゴースト1体が出る)→ソウルコンバージョン(悪戯な霊魂を盤面から消す)→幽想の少女・フェリ(エフェメラとゴーストが3回攻撃)→エフェメラ(2枚目)

とすると、合計24点出るのでOTKコンボが可能です。

2枚目のエフェメラの部分をバイヴカハ(エンハンス6)にすると、ランダムバフの当たり所によって、21点か18点が出ます。

これらのOTKコンボの長所は、幽霊支配人・アーカスを出さなくても実現可能な点です。

しかし、体力3の潜伏フォロワーであるエフェメラを処理する手段は色々とありますし、サルナーンで守護を通すこともできないので確実性が下がります。

また、フェリだけでなく悪戯な霊魂とソウルコンバージョンとエフェメラを必ず引く必要があるので、コンボ成立のための要求値が上がるのも難点です。

というわけで、このデッキでは悪戯な霊魂は不採用として、カードパワーが高い幽霊支配人・アーカスの方に重点を置いています。

 

おまけ(残念なカード)

もしエンハンスがなかったら、

10PP:ポルターガイスト+フェリ+エフェメラ(不可能)

の動きで、幽霊支配人・アーカスがなくても18点を出すことが可能だったかもしれない残念なカードです。

ポルターガイスト(ネクロマンサー)
ポルターガイスト(ネクロマンサー)
シルバー スペル 3コスト

ゴースト2体を出す。
エンハンス4;自分のフォロワーすべては、「このフォロワーが消滅するとき、消滅ではなく破壊される」を持つ。

 

新パック「蒼空の騎士」のその他の新カードについて

幽想の少女・フェリOTKネクロ(屍病の街コントロールネクロ)の新デッキ(2)
(新パック「蒼空の騎士」のフェリOTKネクロの新デッキ)

屍病の街コントロールやフェリOTKコンボに直接関係はないですが、このデッキを支える新カードとして「心眼の双葬女・レディ・グレイ」「怪物の少女・フラン」「熾天使の剣」を採用しています。

 

心眼の双葬女・レディ・グレイ(ネクロマンサー)

心眼の双葬女・レディ・グレイ(ネクロマンサー)心眼の双葬女・レディ・グレイ(ネクロマンサー)
シルバー フォロワー 2コスト
進化前1/3→3/5

ドレイン
【進化時】リアニメイト2


 

心眼の双葬女・レディ・グレイは、2コスト1/3の悪くないスタッツで、ドレインと進化時能力のリアニメイト2が強力です。

このデッキでは、屍病の街を置いた時に、相手のゾンビに殴られる大きな隙があります。屍病の街を出すタイミングでの体力を高く保つために、心眼の双葬女・レディ・グレイのドレイン能力が役立ちます。

進化効果を持つフォロワーなので、後攻時に特に力を発揮し、進化を使ってドレインで3点回復しながらフォロワー2体を並べる動きはかなり強いです。

強力な進化効果を持つフォロワーが、災厄の屍王とグレイの6枚体制になることで安定性が確保されると思います。

幽霊支配人・アーカスを出しやすくするためにも、これらのフォロワーに進化を切って、中盤での盤面を強くすることが大事です。

 

怪物の少女・フラン(ネクロマンサー)

怪物の少女・フラン(ネクロマンサー)怪物の少女・フラン(ネクロマンサー)
シルバー フォロワー 3コスト
進化前0/1→進化後2/3

・フランの従僕
・フランの呪い
【ファンファーレ】チョイスしたカード1枚を手札に加える。
エンハンス7;チョイスではなく、フランの従僕1枚とフランの呪い1枚を手札に加える。


 

怪物の少女・フランは、先攻3ターン目ならフランの従僕でフォロワーを並べられ、後攻3ターン目ならフランの呪いで4点除去できるので、先攻でも後攻でも使いやすい便利なフォロワーです。

墓地が2つ溜まるので、2ターン目に何か動いておけば、後攻4ターン目に災厄の屍王を進化させると、災厄の屍王が取られた時にちょうどネクロマンス4が溜まります。

幽霊支配人・アーカスとの相性も悪くないです。エンハンスを使わないように注意すれば、3コストでゴースト3体を出しながら、フランの呪いで4点除去ができます。

幽霊支配人・アーカスを引けて、屍病の街を引けない場合に、かなり頼りになると思います。フランの従僕や呪いを手札に温存しておいて、アーカスを出すのと一緒のターンに使うことで、アーカスを出しやすくするという手段もあります。

 

フランの従僕(ネクロマンサー、チョイストークン)

フランの従僕(ネクロマンサー)フランの従僕(ネクロマンサー)
シルバー フォロワー 0コスト
進化前3/2→進化後5/4

【ファンファーレ】ネクロマンス6;+2/+2して突進を持つ。

 

フランの呪い(ネクロマンサー、チョイストークン)

フランの呪い(ネクロマンサー)フランの呪い(ネクロマンサー)
シルバー スペル 0コスト

自分のフォロワー1体と相手のフォロワー1体に4ダメージ。
(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる)

 

熾天使の剣(ニュートラル)

熾天使の剣(ニュートラル)3熾天使の剣(ニュートラル)
ゴールド スペル 2コスト

コスト2以下の相手のフォロワー1体か、コスト2以下の相手のアミュレット1つを破壊する。
エンハンス6;コスト2以下ではなく、(コストにかかわらず)相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。


 

ネクロマンサーはローテーション環境でゾンビパーティを使えなくなりましたが、代わりにニュートラルの熾天使の剣を採用しています。

エルフには幽霊支配人・アーカスに対する強力なメタカードである新カード「眠れる妖精の森(妖精の目覚め)」があるので、それを破壊できるのが大きいです。

2コストで相手の2コストフォロワーを破壊する動きも強いですし、6コストの確定除去の効果も悪くないです。

このデッキでは、呪われた忠誠も採用候補だったのですが、熾天使の剣で確定除去ができるので不採用となっています。2コスト除去と確定除去を両方できるので、デッキを組みやすくなるのが長所です。

相手の熾天使の剣で屍病の街を壊されるのが気になりますが、屍病の街が7コスト、熾天使の剣のエンハンスが6コストでコスト差があまりないので、先に屍病の街を出せればテンポを失わずに済みます。

 

フェリOTKネクロ(屍病の街コントロールネクロ)のまとめ

幽想の少女・フェリOTKネクロ(屍病の街コントロールネクロ)の新デッキ(2)
(新パック「蒼空の騎士」のフェリOTKネクロの新デッキ)

・幽想の少女・フェリは強い(かもしれない)
・屍病の街は強い(かもしれない)
・新パック「蒼空の騎士」のネクロは強い(かもしれない)
・新パック「蒼空の騎士」のネクロは楽しい(これは間違いない!)

蒼空の騎士のおすすめデッキレシピ集のまとめ

蒼空の騎士のエルフのデッキレシピ集
蒼空の騎士のロイヤルのデッキレシピ集
蒼空の騎士のウィッチのデッキレシピ集
蒼空の騎士のドラゴンのデッキレシピ集
蒼空の騎士のネクロのデッキレシピ集
蒼空の騎士のヴァンプのデッキレシピ集
蒼空の騎士のビショップのデッキレシピ集
蒼空の騎士のネメシスのデッキレシピ集

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村