【シャドバ】新カード「アーティファクトスパーク」シルヴァとアーティファクトスパークで顔面を削りまくるネメシスが現れるか?!アグロネメシスの誕生を予感させる新カード!【蒼空の騎士】

アーティファクトスパーク(ネメシス)

アーティファクトスパーク(ネメシス)アーティファクトスパーク(ネメシス)
ゴールド スペル 5コスト

手札のアーティファクト・カード1枚を、アーティファクトスパークに変身させる。
相手のリーダーに4ダメージ。
(このカードは、自分の手札に選択できるアーティファクト・カードがあるなら、プレイできる)

 

アーティファクトスパークの新カード評価

ローテーション評価:B+

5コスト4点のバーンスペルで、手札にアーティファクト・カードがないとプレイできませんが、再利用が可能です。

ウィッチの連鎖する雷を思わせるカードですが、連鎖する雷の場合は、①手札の枚数が少ない場合に強くてアグロデッキに噛み合う、②オズの大魔女との組み合わせが強い、という2点があるので、アーティファクトスパークとの単純な比較は難しいです。

既存のアーティファクトネメシスで採用する場合、変身させるアーティファクト・カードには困らないと思いますが、手札のカードを捨てるデウスエクスマキナとの相性が気になる所です。アーティファクトスパークの使い回しできる利点も、デウスエクスマキナのドローでリソースが十分であれば、それほど大きなメリットではないかもしれないです。

5コスト4/3疾走のレディアントアーティファクトと比べてのメリットは、①守護が関係ない、②盤面を使わない、③使い回しが可能、④コスト軽減なしでも10PPで2回使えて8点ダメージ、などですね。

デウスエクスマキナ、加速装置、生命の量産などのコスト軽減を組み合わせて、「アナライズアーティファクトなどでPPを回復しながら、フォロワーの横展開もしつつ、アーティファクトスパークを雑に投げる」までの動きを1ターンで出来るなら9PP以前でも強いので、フィニッシャーかつ上振れカードとして悪くないかもしれないです。

ただし、盤面を完全に無視するカードなので、コスト軽減がない場合は、リーサルまでの目処が立っていないと使いづらいでしょう。

新カード「奮励の儁秀・シルヴァ」の追加は追い風で、シルヴァの能力で早めのターンから相手リーダーの体力を削れるので、リーサル圏内はかなり近くなりそうなイメージです。

フィニッシャー枠としては、9PP以前でも進化権を使えば疾走4点を飛ばせる造られし獣人・サフィラもいるので、使い分けることになるかもしれないです。カードパワー自体はサフィラの方が上ですが、①9PP以前のリーサルを明確にイメージできるデッキ、②環境に守護が多い、ならサフィラよりも優先度が高くなる可能性もあります。

たとえば、低コストでアーティファクト、高コストで人形の少女・オーキスや復讐の人形遣い・ノアを入れた、ハイブリッド型のデッキに採用するのも一つの手です。(参考デッキ:ローテーション22連勝のハイブリッドネメシス

あるいは、新カードとして「奮励の儁秀・シルヴァ」だけでなく「清爽の銃士・ジェシカ」の追加もあるアグロネメシスが、新しいデッキタイプとして出てくるかもしれないです。アグロネメシスの場合は、手札のアーティファクト・カードを確保できるかどうかが問題となりますが、そこさえクリアできれば噛み合う新カードです。

 

アーティファクトスパークについてのツイッターまとめ

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村