【シャドバ】自然ネクロで19連勝のデッキレシピ!自然ネクロで1枚採用されやすいカードとその理由は?!デッキコードあり!

自然ネクロ(19連勝デッキ、ローテーション)

自然ネクロ13-3-20191106(トップライフ氏の19連勝デッキ)自然ネクロ13-1-20191106(トップライフ氏の19連勝デッキ)自然ネクロ13-2-20191106(トップライフ氏の19連勝デッキ)自然ネクロ13-4-20191106(トップライフ氏の19連勝デッキ)
デッキコードを発行

トップライフ氏がローテーション19連勝を達成した自然ネクロのデッキレシピです。

自然ネクロはナーフ後に使用率がやや下がりましたが、相変わらず人気のデッキタイプで、ローテーション環境での使用率は3位に入っています。

このデッキは、全体的に攻撃的なカードが多く採用されていて、

①セレス型ではなくケルベロス型。
②3コストはヘリオ3枚とカムラ1枚。
③2コストフォロワーは12枚。
④カムラ、オシリス、アイシャ、シヴァ、ギルトが1枚で、1枚採用のカードが多め。

となっています。

逆に、不採用となっているのは、守護持ちの「沈黙の信者」「アイアンツールドクター」、ドローソースの「ワンダーコック」、1コストの「秀才の死神・ミーノ」などです。

採用カードの選択は、ナーフ前環境の自然ネクロの23連勝デッキにも似ていて、勝ちやすい構築パターンの一つと言えるでしょう。

このデッキは採用枚数が細かく調整されていて、1枚採用のカードが多めなので、これらのカードについて取り上げたいと思います。

<シヴァの場合>

まずは「シヴァ」ですが、単純にリーダー付与能力が重複しないので1枚採用される場合が多いです。

ただし、シヴァの2枚以上の採用は自然エルフやAFネメシスでは前々からよく見られ、最近では自然ロイヤルや自然ビショップなど様々なデッキで2枚以上の採用が試されています。自然ネクロでも前述の23連勝デッキでは、シヴァが2枚採用されていますね。

5コスト枠で「冥界の番犬・ケルベロス」「ネクログループ・ルベル」はいずれも盤面に強いので、先攻ならシヴァの着地はしやすいと思います。

<オシリスの場合>

次に同じく1枚採用の「オシリス」(カードテキストはこのページの下の方にあります)は、自然ビショップから「エクセスプリースト」が抜けたので、ナーフ後環境では採用しやすくなりました。

ワンダーコック」が不採用なので、進化効果のリアニメイトで「不可侵の死霊・ヘリオ」が出てきやすいのが利点です。

ただし、進化権が切れた後は弱く、「冥守の継承者・カムラ」「リヴァイヴ・マナ」のリアニメイト4に引っかかるという短所もあるので、1枚採用に抑えているのでしょう。

<イグジストソード・ギルトの場合>

次に「イグジストソード・ギルト」も1枚採用ですが、このカードが真価を発揮するのは、「トート」のファンファーレ能力を起動した後です。

したがって、終盤に使いたいカードになるので、1枚に抑えていると思います。あるいは、ナテラの大樹によるドローがあるので、他のドローソースが1枚でも問題ないのでしょう。

序盤にギルトを引いた場合は、「悪夢の憑依」と組み合わせて使わないと盤面を弱くしてしまうので、強い盤面の押しつけるプランとの相性が悪いという短所があります。

<冥守の頂点・アイシャの場合>

次に「冥守の頂点・アイシャ」は、直接召喚できるのでデッキ内に1枚でも機能します。

手札に引いてしまう場合もあるので、アイシャを2枚採用する構築もけっこうありますが、2枚とも手札に引いてしまうリスクを抱えることにもなります。

ただし、手札から使う場合も、ネクロマンス8で疾走できる状況なら、4コスト4/4疾走必殺でけっこう強いですね。

<冥守の継承者・カムラの場合>

最後に、「冥守の継承者・カムラ」も1枚採用です。

カムラはエンハンス6で疾走させるだけでなく、既に「不可侵の死霊・ヘリオ」が破壊されている時に、早ければ4~5ターンぐらいに進化権を使ってフェイス進化をしてしまって、リアニメイト4でヘリオを出すような使い方がされます。

どちらの使い方でも、3ターン目に使いたいカードではないので、3コスト枠と言ってもヘリオとは別扱いになります。

エンハンス6のカードとして見ると、コスト重めのフォロワーですし、攻めている展開やリーサルを狙える状況でないと使いづらいので、1枚採用に抑えられていると思います。

4~5ターンぐらいにフェイス進化するパターンは、後攻の方が狙いやすいですが、ヘリオを出していないとリアニメイトが弱いですし、後攻は盤面処理に回らないといけない展開も多いので、状況が限定的な狙い筋という感じですね。

<まとめ>

このデッキでは、シヴァ、オシリス、ギルト、アイシャ、カムラが1枚採用で、正直どのカードも強いので2枚採用も全然ありなのですが、

①手札に2枚引いた時のリスクが高め。
②主要な勝利プランから遠ざかる。(ラストワードがなくてトートプランを阻害、盤面が弱くなるなど)
③強く使えるタイミングが限定される。
④強いカードだが、圧倒的に強いわけではない。

上記のうち2~3個以上の条件が絡んだ場合に、1枚採用されることが多くなりやすいのかなと思います。

 

自然ネクロで注目の1枚採用のカード

シヴァ(ニュートラル)

シヴァ(ニュートラル)
シヴァ(ニュートラル)
レジェンド フォロワー 6コスト
進化前5/6→進化後7/8

守護
【ファンファーレ】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、6、9、12ターン目なら、自分のリーダーを2回復。7、10、13ターン目なら、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。8、11、14ターン目なら、相手のリーダーに4ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

 

オシリス(ネクロマンサー)

オシリス(ネクロマンサー)
オシリス(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 4コスト
進化前4/3→進化後6/5

【攻撃時】自分の墓場を+2する。
【ファンファーレ】自分の他のフォロワー1体は「ラストワード; カードを1枚引く」を持つ。

【進化後】ラストワード; このバトル中にコスト3以下の自分のフォロワーが破壊されていたなら、【ネクロマンス 5】リアニメイト 3、リアニメイト 1

 

イグジストソード・ギルト(ネクロマンサー)

イグジストソード・ギルト(ネクロマンサー)
イグジストソード・ギルト(ネクロマンサー)
シルバー フォロワー 8コスト
進化前6/8→進化後8/10

【アクセラレート 1】自分のフォロワー1体を破壊する。カードを2枚引く。
————
突進

 

冥守の頂点・アイシャ(ネクロマンサー)

冥守の頂点・アイシャ(ネクロマンサー)
冥守の頂点・アイシャ(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 4コスト
進化前4/4→進化後4/4

【直接召喚】自分のターン開始時、自分の墓場が16枚以上なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。その後、自分の墓場を-8する。
自分の他のフォロワーが相手のリーダーへ攻撃してダメージを与えたとき、このフォロワーが攻撃していない状態なら、ネクロマンス 8; 進化する。

【進化後】
疾走
必殺

 

冥守の継承者・カムラ(ネクロマンサー)

冥守の継承者・カムラ(ネクロマンサー)
冥守の継承者・カムラ(ネクロマンサー)
ゴールド フォロワー 3コスト
進化前3/3→進化後3/3

【ファンファーレ】エンハンス 6; 「このフォロワーはEPを消費せず進化できる」を持つ。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)

【進化後】
疾走
攻撃時 相手のリーダーを攻撃したなら、リアニメイト 4

 

自然ネクロの連勝デッキのツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村