【シャドバ】黄金都市なしの自然ビショップで18連勝のデッキレシピ!ナーフ後環境でも自然ビショップはまだまだ強すぎる?!デッキコードあり!

自然ビショップ(18連勝デッキ、ローテーション)

自然ビショップ12-2-20191030(希龍氏の18連勝デッキ)自然ビショップ12-1-20191030(希龍氏の18連勝デッキ)自然ビショップ12-3-20191030(希龍氏の18連勝デッキ)
デッキコードを発行

希龍氏がローテーション18連勝を達成した自然ビショップのデッキレシピです。

デッキ構築自体は、ナーフ前環境で黄金都市なしの自然ビショップの15連勝デッキとほぼ同じですが、ナーフ後環境の連勝記録ということで取り上げています。

<ナーフ後に不採用となった主なカード>
・黄金都市
・エクセスプリースト
・デスティニーウィングナイト

<ナーフ後に3枚採用になった主なカード>
・荒野の案内人
・漆黒の法典

上記のように、黄金都市がないと使いづらい「エクセスプリースト」「デスティニーウィングナイト」が抜けて、代わりに「荒野の案内人」「漆黒の法典」が入った構築です。

他に注目したいのは、「荒野の休息」が2枚に減らされている点と、「聖弓の使い手・クルト」が3枚採用されている点でしょうか。

荒野の休息は、ナーフ前環境では当たり前のように3枚採用されていたカードです。

2枚に減らされているということは、荒野の休息は黄金都市がないと使いにくいのかもしれないですね。

例えば、ナーフ前だと2ターン目に黄金都市を置いた後に、

・荒野の休息+デスティニーウィングナイト
・荒野の休息+ムニャール登場

の動きで3ターン目にフォロワーを置けましたが、黄金都市と一緒にデスティニーウィングナイトが抜けると、荒野の休息によるテンポロスを埋められる1コストフォロワーの枚数が減ってしまいますし、「森の参謀・ムニャール」はすぐに出てきません。

聖弓の使い手・クルト」については、もともと3枚採用されることも多いカードですが、ネメシス対策という意味合いもあるかもしれないですね。

「マーキュリーイージス・シオン」が上方修正されたネメシスで、「試作機械兵(トレースアーティファクト)」採用型などフォロワーの横並びを意識したAFネメシスや、アグロ寄りのデッキが試されているようです。

シオンの全体バフが乗らなければ、体力2以下のフォロワーの横並びを(進化前の)「暗雲の巫女・エネス」を含めて、クルト進化で一掃できます。

黄金の鐘」などの回復カードが絡めば、シオンの全体バフが乗ったアーティファクトなども、クルト進化の射程圏内に入りますね。

その他のカードも、黄金都市なしのデッキ構築や環境に合わせて、採用枚数が変わってくる可能性があると思います。

 

自然ビショップで注目の採用カード

荒野の休息(ニュートラル)

荒野の休息(ニュートラル)
荒野の休息(ニュートラル)
ブロンズ スペル(自然) 2コスト

自分のリーダーを2回復。
ナテラの大樹1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

 

聖弓の使い手・クルト(ビショップ)

聖弓の使い手・クルト(ビショップ)
聖弓の使い手・クルト(ビショップ)
ゴールド フォロワー 4コスト
進化前4/3→進化後6/5

【進化前】
自分のリーダーが回復するたび、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。

【進化後】
自分のリーダーが回復するたび、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
進化時 自分のリーダーを2回復。

 

自然ビショップの連勝デッキのツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村