【シャドバ】ミッドレンジネクロで10連勝のプロリーグきょうま氏のデッキレシピ!3枚積まれている地獄の君主・ゼベットはやっぱり強かった?!デッキコードあり!

ミッドレンジネクロ(10連勝デッキ、ローテーション)

ミッドレンジネクロ23-2-20181227(きょうま氏の10連勝デッキ)ミッドレンジネクロ23-1-20181227(きょうま氏の10連勝デッキ)ミッドレンジネクロ23-3-20181227(きょうま氏の10連勝デッキ)
デッキコードを発行

新カードパック「次元歪曲」の新環境がスタートしました。

本サイトでは新環境がスタートする前は、まとめるデッキがまだなかったので管理人が色々と試作デッキを作って載せていたのですが、これからは実際に連勝の実績のあるデッキを中心にサイトで取り上げたいと思います。



最初は、プロリーグのきょうま氏@レバンガのミッドレンジネクロの10連勝デッキです。(画像は16連勝となっていますが、新環境に入ってからは10連勝のようです)

次元歪曲の新カードは「地獄の君主・ゼベット」「ボーンバッファロー」「禁絶の腕・ニコラ」「パンプキンヘッド・クリス」「悪意の憑依」の5種類です。

新レジェンド「地獄の君主・ゼベット」は進化時効果を持ちますが、後攻2ターン目に「悪意の憑依」を打ったりして、2コストフォロワーが墓地にいないパターンだと、心眼の双葬女・レディ・グレイを進化させづらいので、ゼベットを進化させると強力な盤面を作りやすいです。

ゼベットは進化後スタッツが変化なしの4/4で、進化後フォロワーを上から取りづらいのが欠点ですが、後攻4ターン目に使う場合は相手のフォロワーを上から取れるパターンが多いと思います。

「ボーンバッファロー」は、2コストでも4コストでも使える便利なフォロワーですが、2コスト2/2の標準スタッツが偉いですし、エンハンス4で使うとボーンキマイラのように場持ちが良いので、ミッドレンジネクロのコンセプトに合っています。

新環境のミッドレンジネクロは、フォロワー系のドローソースが不足していて、ソウルコンバージョンが採用されるのですが、どこにソウルコンバージョンを打つのかは一つの問題になります。

たとえば、新カードの「悪意の憑依」や「パンプキンヘッド・クリス」から出てきたゴーストを生贄にしたり、ボーンバッファローのエンハンスで出てきたスケルトンもソウルコンバージョンの生贄にしやすいと思います。

「禁絶の腕・ニコラ」は永続リソースとして、特に幽霊支配人・アーカスとの相性が良いですが、きょうま氏のデッキではニコラとアーカスが1枚ずつで、アーカスプランをあまり重視していないデッキ構築となっています。

「地獄の君主・ベゼット」のエンハンス7の効果もあるので、実は7PPはやや渋滞しており、ゼベットとの相性を考えるとアーカスで空中戦をするよりは、盤面重視のプランの方が自然かもしれないです。

新環境のミッドレンジネクロはけっこう勝ちやすいイメージで、プレイングが微妙な管理人がラックマッチに潜ってもけっこう連勝できるので、デッキパワーがあるということだと思います。



 

ミッドレンジネクロの連勝デッキの引用元ツイッター



スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村