【シャドバ】ミッドレンジエルフでグランドマスター16連勝のデッキレシピ!ミッドレンジエルフは大幅に不利な相手がほぼいないことが強み?!デッキコードあり!【シャドウバース】

ミッドレンジエルフ(16連勝デッキ、ローテーション)

ミッドレンジエルフ19-2-20180725(クロロ氏の16連勝デッキ)ミッドレンジエルフ19-1-20180725(クロロ氏の16連勝デッキ)ミッドレンジエルフ19-3-20180725(クロロ氏の16連勝デッキ)
デッキコードを発行

7月18日のナーフ後の新環境で、クロロ氏のグランドマスター16連勝のミッドレンジエルフのデッキレシピです。

翠嵐の斧使い採用型のエルフは、アグロエルフに近い構築もありますが、このデッキは「翠嵐の斧使い」「カシオペア」「天禀の射手・メーテラ」が3枚ずつ入っているので、デッキの重さ的には本格的なミッドレンジエルフという感じです。

ミッドレンジエルフの特徴は苦手な相手が少ないことで、Shadowverse Logのデータによると、教会ビショップを除くすべての環境上位デッキに対して勝率45%以上で、大幅不利な相手は皆無です。アグロからコントロールまで、幅広い相手に対して戦えます。

さらに、Tier3以降の多くのデッキに対して勝率60%近くあるので、基本的なデッキパワーが高いということでしょう。

 

ナーフ後のエルフの連勝デッキを軽い方から並べると、19連勝のアグロエルフ(↓)、

 

翠嵐の斧使い2枚採用の16連勝の翠嵐型アグロエルフ(↓)、

 

翠嵐の斧使い3枚採用の30連勝の翠嵐型アグロエルフ(↓)、

 

ゴブリン不採用の19連勝の翠嵐型ミッドレンジエルフ(↓)、

 

となりますが、本記事のミッドレンジエルフは、これらのデッキの中で最も重いデッキとなります。

特徴的な採用カードは、カシオペア3枚と愛の妖精・ポーラ1枚です。

カシオペアは全体除去で、フォロワーを並べる相手ならどのデッキにも刺さりうるカードですが、潜伏フォロワーを処理できるのが大きなメリットでしょう。

愛の妖精・ポーラは、さまざまなカードを手札に戻して再利用できるので、ミッドレンジエルフからコントロールエルフまで重めのデッキでの採用率が高いフォロワーです。

 

他の連勝デッキと比べると、純心の歌い手3枚、天禀の射手・メーテラ3枚でドローソースが充実しています。

また、エルフの鍛冶師・レーネ3枚、天禀の射手・メーテラ3枚で、進化時効果を持つフォロワーが多いので、後攻でも戦いやすいのが長所です。

翠嵐の斧使い採用型のエルフは、アグロ寄りのタイプから本記事のようなミッドレンジエルフまで、いずれも現環境で有力なデッキタイプとなっています。

 

ミッドレンジエルフのデッキレシピの引用元ツイッター

 

蒼空の騎士のおすすめデッキレシピ集のまとめ

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村