【シャドバ】環境レポート(ローテーション環境):ロイヤルとビショップの2強だが、操り人形ネメシスもTier1入りが決定!参考連勝デッキレシピあり!【蒼空の騎士】

環境レポート(ローテーション、2018年7月2日~7月8日)

Shadowverse-Log-20180702-2(ローテーション環境)
Shadowverse Logのデータに基づきローテーション環境の環境レポートをします。

Shadowverse Logではデッキタイプの更新があり、「聖獅子ビショップ」「天狐ビショップ」「ギガントキマイラウィッチ」「アグロネメシス」などの追加により、環境分析がしやすくなっています。

現在のローテーション環境は、ビショップとロイヤルの2強です。

それに続くクラスとして、ネメシス、エルフ、ドラゴン、ウィッチの採用率も低くないです。ネメシスとエルフは勝率50%を超えており、ウィッチとドラゴンは勝率は低めですが、人気クラスなので使用率を維持しています。

ネクロマンサーとヴァンパイアの2クラスは、使用率も勝率も苦戦しています。

 

環境レポート(デッキタイプ別、ローテーション)

Shadowverse-Log-20180702-3(ローテーション環境)

ミッドレンジロイヤルが、使用率1位と勝率55%(上位デッキの中で勝率2位)で、現環境のナンバーワンのデッキタイプとなっています。

 

操り人形ネメシスが、使用率2位、勝率53%でTier1に入っています。一方で、アーティファクトネメシスは使用率9位でTier3ですが、勝率は45%で5割を切っています。

 

ビショップは聖獅子と天狐の社の両方がTier1で、両者の使用率は拮抗しています。

天狐の社ビショップ勝率55%(同率2位)で高い勝率を誇っているのに対して、聖獅子ビショップは勝率49%で5割を切っています。

 

ギガントキマイラウィッチ使用率5位でTier2です。上位デッキの中では勝率47%で苦戦していますが、スペルウィッチは人気のデッキタイプなので使用率は高めです。

 

ランプドラゴン(リントヴルムドラゴン)は使用率6位のTier2ですが、勝率43%でかなり苦戦しています。ジャバウォックドラゴンはデータがないので未知数です。

 

アグロエルフ使用率7位のTier2ですが、勝率は堂々のナンバーワンで、勝率58%の非常に高い数字を記録しています。使用率8位でTier3のミッドレンジエルフも、勝率52%で5割を超えています。

 

ネクロマンサーは、ミッドレンジネクロ(アーカスネクロ)が使用率10位(勝率48%)、リアニメイトネクロが使用率11位(勝率38%)で、アーカスネクロの方が健闘しています。

 

ヴァンパイアは、アグロヴァンパイア勝率54%で、使用率は低いのですが勝率は高い数字を残しています。

 

蒼空の騎士のおすすめデッキレシピ集のまとめ

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村