【シャドバ】秘術ウィッチで28連勝のデッキレシピ!リンクルとキャルが採用された秘術ウィッチが強すぎる?!デッキコードあり!

秘術ウィッチ(28連勝デッキ、ローテーション)

秘術ウィッチ33-2-20200704(王道を征く氏の28連勝デッキ)秘術ウィッチ33-1-20200704(王道を征く氏の28連勝デッキ)秘術ウィッチ33-3-20200704(王道を征く氏の28連勝デッキ)
デッキコードを発行

王道を征く氏がローテーション28連勝を達成した秘術ウィッチのデッキレシピです。

ここしろ氏のブログで話題になっている「《愚者》・リンクル」「猫耳の魔法使い・キャル」が採用された秘術ウィッチで、新環境で最初のJCG大会でも上位に多数食い込んでいたデッキですね。

特徴としては、リンクルとキャルで相手の最大体力を削れるので、回復やダメージ軽減を無効化できることです。

多くのコントロールデッキに対して、回復やダメージ軽減を無効化できる特性と、リーサルターンが比較的早いことで有利を取ることができます。

最近は「《世界》・ゼルガネイア」を採用して10ターン目以降のリーサルを想定しているデッキも少なくないのですが、そのようなデッキに対してはリンクルとキャルで最大体力を削ったり、8ターン目から使える「禁約の黒魔術師」で先にリーサルを取れたりします。

リーサル手段を「禁約の黒魔術師」だけに頼った秘術ウィッチの場合、8ターン目までに破壊できる土の印の数の関係でOTKはなかなか難しいため、序盤からダメージを与えても回復されてしまってリーサルに届かないパターンが多いです。

さらに、「禁約の黒魔術師」「絆の共振」「堕落の漆黒・アザゼル」などダメージ軽減効果を持つカードが天敵で、それだけで負けてしまうことが多々あります。

しかし、「《愚者》・リンクル」「猫耳の魔法使い・キャル」はダメージ軽減もすり抜けるので、相手にとってリーサルを防ぐ手段が非常に難しくなっていますね。

 

秘術ウィッチで注目の新カード

《愚者》・リンクル

《愚者》・リンクル(ウィッチ)
《愚者》・リンクル(ウィッチ)
レジェンド フォロワー 2コスト
進化前2/2→進化後4/4

・蒙昧なる術式
・剥落の暴圧
【ファンファーレ】チョイスしたカード1枚を手札に加える。

【進化時】自分のPPを2回復。

 

蒙昧なる術式(関連カード)

蒙昧なる術式(ウィッチ)
蒙昧なる術式(ウィッチ)
レジェンド スペル 4コスト

このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン開始時、カードを1枚引く。それは「自分のターン終了時、自分の手札のこれを捨てる」を持つ。それをX回スペルブーストする。Xは、1から10の中でランダムに決まる」を持つ。

 

剥落の暴圧(関連カード)

剥落の暴圧(ウィッチ)
剥落の暴圧(ウィッチ)
レジェンド スペル 2コスト

このバトル中、相手のリーダーは「自分のターン終了時、自分のリーダーの体力の最大値を-1する」を持つ。

 

秘術ウィッチの連勝デッキのツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村