【シャドバ】新弾アルティメットコロシアムのネクロマンサーの試作デッキを4つ紹介!自然妖怪ネクロ、冥界への霊道ネクロ、ララ採用型コンボネクロのデッキレシピ!

大妖狐・ギンセツ(妖怪ネクロ)
新弾アルティメットコロシアムのネクロマンサーの試作デッキを4つ紹介
します。

・自然妖怪ネクロ
・自然妖怪ネクロ(セレス採用型)
・冥界への霊道ネクロ
・ララ採用型コンボネクロ

以上、4つのデッキレシピがあります。

ネクロの新カード全11枚と、ニュートラルの新カード全9枚が、既に発表されています。ネクロで使用可能な新カードはすべて出揃ったので、試作デッキを作ってみました。

新弾アルティメットコロシアムのネクロは、「大妖狐・ギンセツ」「酒呑童子」など妖怪をテーマにした新カードがいずれも強力です。

それに加えて、「冥界への霊道」という面白いアミュレットや、1コストで葬送できてコンボにも使える「百鬼夜行」が追加され、デッキ構築の幅が広くなっています。

 

自然妖怪ネクロのデッキ

カード名 コスト 枚数
コープスドッグ 3枚
リヴァイヴ・マナ 3枚
百鬼夜行 2枚
荒野の案内人 3枚
シープスピリット 3枚
レジェンダリースケルトン 3枚
魔拳法・ソーラ 2枚
トート 2枚
雪女 1枚
荒野の休息 3枚
悪意の憑依 3枚
火車 3枚
酒呑童子 3枚
ネクログループ・ルベル 3枚
大妖狐・ギンセツ 3枚

※新カードは赤文字で、リンク先はネクロの新カード全11枚のまとめページです。

新弾アルティメットコロシアムの新カードを採用した自然妖怪ネクロの試作デッキです。

新カードの中でも大妖狐・ギンセツ」「酒呑童子」の2種類は、非常にカードパワーが高いと思います。(「大妖狐・ギンセツ」と「酒呑童子」のカードテキストはこのページの少し下にあります)

その他の新カードである「百鬼夜行」「火車」「雪女」も十分に強く、ギンセツや酒呑童子との相性も良いので、デッキに組み込みやすくなっています。

酒呑童子」進化時のリーダー付与能力で、元の攻撃力か元の体力が1のフォロワーが疾走できる(1ターンに1回)ので、「コープスドッグ」「レジェンダリースケルトン」などを疾走させるのが大きな狙いになります。

終盤の8ターン目からは「雪女」で確定除去しながら6/5疾走を走らせることができ、9ターン目なら「大妖狐・ギンセツ」で疾走・突進・ドレイン・守護を一気に展開することが可能です。

火車」は、「元の攻撃力1のフォロワー」「元の体力1のフォロワー」を1枚ずつサーチできるので、キーカードの「酒呑童子」や、疾走付与できるフォロワーを入手するのに役立ちます。

自然ネクロをベースにしているので、ナテラの大樹でドローを進められますし、「ネクログループ・ルベル」や「トート」によるフィニッシュプランも健在です。

ただし、「酒呑童子」からの疾走プランの方が速そうですし、「火車」のサーチ対象に「トート」が含まれるので、トートの採用枚数は2枚にしています。守護ビショップのように、疾走が通りにくいデッキが流行したら、トートの枚数を増やしたいですね。

コープスドッグ」を疾走させる時に、2コストで強力な盤面処理ができる「魔拳法・ソーラ」を一緒に使うと強力です。

しかし、「酒呑童子」に進化を切っていますし、「レジェンダリースケルトン」と組み合わせた場合にネクロマンスの問題があるので、ソーラは2枚にしています。

百鬼夜行」はデッキを掘り進めるのに役立ちますが、元の攻撃力か元の体力が1のフォロワーを葬送しないと、カードアドバンテージを失ってしまうので、採用枚数は2枚に抑え、該当する条件のフォロワーを多めに採用することも意識していますね。

ネクロマンサーは強力な新カードが多く追加されたクラスなので、新環境では期待できると思います。

 

大妖狐・ギンセツ(ネクロマンサー)

大妖狐・ギンセツ(ネクロマンサー)2
大妖狐・ギンセツ(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 9コスト
進化前1/9→進化後3/11

【アクセラレート 2】一ツ尾狐1体を出す。
【アクセラレート 5】一ツ尾狐3体を出す。
————
自分の場に一ツ尾狐が出るたび、それは+1/+0されて、ドレインを持つ。
【ファンファーレ】一ツ尾狐4体を出す。

 

一ツ尾狐(ネクロマンサー、関連カード)

一ツ尾狐(ネクロマンサー)2
一ツ尾狐(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 2コスト
進化前1/3→進化後3/5

突進
守護
【ラストワード】自分の「大妖狐・ギンセツ」すべてを+2/+0する。

 

酒呑童子(ネクロマンサー)

酒呑童子(ネクロマンサー)2
酒呑童子(ネクロマンサー)
ゴールド フォロワー 4コスト
進化前1/4→進化後3/6

必殺
【ファンファーレ】ネクロマンス 8;自分のEPを1回復。

【進化時】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分が「元の攻撃力か元の体力が1のフォロワー」をプレイしたとき、それは疾走を持つ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

 

自然妖怪ネクロ(セレス型)のデッキ

カード名 コスト 枚数
コープスドッグ 3枚
リヴァイヴ・マナ 3枚
百鬼夜行 2枚
シープスピリット 3枚
レジェンダリースケルトン 3枚
トート 3枚
荒野の案内人 2枚
荒野の休息 3枚
悪意の憑依 3枚
火車 3枚
酒呑童子 3枚
永遠の花嫁・セレス 3枚
ネクログループ・ルベル 3枚
大妖狐・ギンセツ 3枚

※新カードは赤文字で、リンク先はネクロの新カード全11枚のまとめページです。

最初のデッキと同じく自然妖怪ネクロですが、「永遠の花嫁・セレス」が入っているセレス型自然ネクロの試作デッキです。(「永遠の花嫁・セレス」のカードテキストはこのページの少し下にあります)

永遠の花嫁・セレスからの「永遠の誓い」で、最短7ターン目に「大妖狐・ギンセツを出せたり、「ネクログループ・ルベル」「コープスドッグ」などを絡めたビッグターンを作りやすいのが魅力となっています。

さらに、セレスの回復が役立ったり、セレスの除去に苦労する対面もあったりするので、セレス型も有力な選択肢になるのではないでしょうか。

ただし、セレスが「火車」のサーチ対象になるために、「酒呑童子」「大妖狐・ギンセツ」へのアクセスがやや悪くなるのは気になりますね。

永遠の花嫁・セレス」を採用している部分は、最初のデッキと似たような構築ですが、先攻と後攻で優先させるプランを変えることを意識しています。

後攻の場合は、新カードを活用して、

4T:酒呑童子進化
5T:永遠の花嫁・セレス
6T:永遠の誓い+2コスト以下のカード
7T:大妖狐・ギンセツ

の動きを狙います。

先攻の場合は、森羅咆哮環境の自然ネクロも先攻ではかなり強かったですし、「ネクログループ・ルベル」「トート」などを活かした従来の戦い方でも悪くないと思います。

ちなみに、「荒野の案内人」が2枚なのは、先攻2ターン目には最優先で置きたいですが、後攻は「大妖狐・ギンセツ」を強く使うために、ナテラの大樹を盤面に置かない状況も想定しているからです。

新環境が始まれば、セレス採用型の長所や短所、デッキ相性などが明らかになっていくのではないでしょうか。

 

永遠の花嫁・セレス(ネクロマンサー)

永遠の花嫁・セレス(ネクロマンサー)
永遠の花嫁・セレス(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 5コスト
進化前1/4→進化後3/6

自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。
【交戦時】交戦する相手のフォロワーに3ダメージ。
【ファンファーレ】永遠の誓い1枚を手札に加える。

 

永遠の誓い(ネクロマンサー、関連カード)

永遠の誓い(ネクロマンサー)
永遠の誓い(ネクロマンサー)
レジェンド スペル 6コスト

自分の手札のネクロマンサー・カードすべてのコストを-2する。

 

冥界への霊道ネクロのデッキ

カード名 コスト 枚数
百鬼夜行 3枚
ソードエンジェル・エフェメラ 3枚
死の夢の少女 3枚
魔拳法・ソーラ 3枚
スカルクレイン 2枚
雪女 1枚
悪意の憑依 2枚
火車 3枚
冥守の継承者・カムラ 2枚
マミーコック 1枚
酒呑童子 3枚
シヴァ 3枚
鳴動のギガントスカル 3枚
冥界への霊道 3枚
イグジストソード・ギルト 2枚
大妖狐・ギンセツ 3枚

※新カードは赤文字で、リンク先はネクロの新カード全11枚のまとめページです。

アルティメットコロシアムの新カード「冥界への霊道」が面白そうなアミュレットなので、冥界への霊道ネクロの試作デッキも作ってみました。

冥界への霊道」「鳴動のギガントスカル」「シヴァ」の3種類が主なコンボパーツです。(この3種類のカードテキストはこのページの少し下にあります)

他には、リアニメイト4を持つ「冥守の継承者・カムラ」も採用しています。

この試作デッキでは不採用ですが、「昏く淀む者・タルタロス」「ハザードネクロマンサー」などもリアニメイト関連カードなので、冥界への霊道ネクロの採用候補になります。

しかし、これらのカードは要求されるネクロマンスが多いため、「ソウル・コア」などを採用しないと厳しそうなので、コンボ色が強くなりすぎると思います。

あとは、「リヴァイヴ・マナ」にもリアニメイト4が付いていますが、10ターン目以降なので遅くなります。

10ターン目に「冥界の霊道」から「リヴァイヴ・マナ」を連打して、「ソウルテイカー・ララ」などを疾走させるデッキも楽しそうですが、今回の試作デッキでは速さや安定性を重視しています。

本記事の試作デッキに話を戻すと、

6T:シヴァ
7T:冥界への霊道

という動きで、「冥界への霊道」のリアニメイト7で「シヴァ」を出すか、葬送した「鳴動のギガントスカル」を出すことになります。

シヴァだけの場合は疾走5点+バーン4点=9点で、鳴動のギガントスカルだけの場合は疾走6点(+全体3点除去)、シヴァ+鳴動のギガントスカルなら疾走6点+バーン4点=10点(+全体3点除去)ですね。

いずれも20点には足りないので、残りをどのように削るのかが問題です。

酒呑童子」を進化させていると、「ソードエンジェル・エフェメラ」進化で疾走7点、「雪女」のエンハンス8だと疾走6点を飛ばすことができます。

他には、「冥界への霊道」を置いた後の8ターン目に、2枚目の冥界への霊道を出したり、「冥守の継承者・カムラ」のエンハンス6で、カムラを疾走させながらリアニメイトしたフォロワーも疾走し、「酒呑童子」に進化を切っていた場合は残った2PPでエフェメラなども疾走させるイメージです。

9ターン目になると「大妖狐・ギンセツ」も選択肢に入ります。

コンボ色があまり強くならないように注意しているので、序盤から相手リーダーの体力を削って、7~8ターン目にリーサルが決まるのが理想ですね。

コンボパーツである「冥界への霊道」「鳴動のギガントスカル」「シヴァ」は6~7コストで事故要因になるので、「死の夢の少女」を3枚採用して、2~3ターン目をカード1枚で埋めやすくしています。

ナテラの大樹が入ってないので、ドローソースとして採用した「イグジストソード・ギルト」や「マミーコック」を使いやすくするためにも、死の夢の少女からの「深淵の夢」が便利です。

スカルクレイン」はラストワードで手札に加えたスケルトンを、「百鬼夜行」で葬送したり、ギルトやマミーコックで破壊するために採用しています。

冥界への霊道」デッキは色々な構築があると思いますが、本記事の試作デッキのような形も悪くないと思います。

 

冥界への霊道(ネクロマンサー)

冥界への霊道(ネクロマンサー)2
冥界への霊道(ネクロマンサー)
シルバー アミュレット 7コスト

【カウントダウン 3】
自分のターン中、リアニメイトによって自分の場にフォロワーが出るたび、ネクロマンス 4;それは疾走を持つ。
【ファンファーレ】葬送したなら、リアニメイト 7

 

シヴァ(ニュートラル)

シヴァ(ニュートラル)
シヴァ(ニュートラル)
レジェンド フォロワー 6コスト
進化前5/6→進化後7/8

守護
【ファンファーレ】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、6、9、12ターン目なら、自分のリーダーを2回復。7、10、13ターン目なら、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。8、11、14ターン目なら、相手のリーダーに4ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

 

鳴動のギガントスカル(ネクロマンサー)

鳴動のギガントスカル(ネクロマンサー)
鳴動のギガントスカル(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー(機械) 7コスト
進化前6/6→進化後8/8

自分のターン終了時、お互いの「機械でないフォロワー」すべてに3ダメージ。

 

ララ採用型コンボネクロのデッキ

カード名 コスト 枚数
百鬼夜行 3枚
沈黙の詩 3枚
レジェンダリースケルトン 3枚
グレートレッサーマミー 3枚
スカルクレイン 3枚
雪女 2枚
悪意の憑依 2枚
火車 3枚
ソウル・コア 3枚
ソウルテイカー・ララ 3枚
酒呑童子 3枚
死を知る者 3枚
大妖狐・ギンセツ 3枚
昏く淀む者・タルタロス 12 3枚

※新カードは赤文字で、リンク先はネクロの新カード全11枚のまとめページです。

最後は、「ソウルテイカー・ララ」を軸としたコンボネクロの試作デッキです。(「ソウルテイカー・ララ」と「百鬼夜行」のカードテキストはこのページの少し下にあります)

1コストで葬送ができる「百鬼夜行」が追加されたので、

5PP:百鬼夜行(大妖狐・ギンセツを葬送)+ソウルテイカー・ララ

の動きで、0コストの(ただし、ターン終了時に破壊される)「大妖狐・ギンセツ」を手札に加えることができます。

もともと、「昏く淀む者・タルタロス」と組み合わせたコンボデッキがありましたが、「百鬼夜行」が加わったことでコンボの幅が広くなり、コンボの成功率も上がると思います。

0コストの「大妖狐・ギンセツ」は、酒呑童子」で疾走させるのが一つの方法です。

他には、「沈黙の詩」と組み合わせる方法もあり、

6PP:百鬼夜行(ギンセツを葬送)+ララ+ギンセツ(0コスト)+沈黙の詩

の動きをすると、ターン終了時にギンセツが破壊されずに盤面に残ります。

百鬼夜行の代わりに「昏く淀む者・タルタロス」でも、同様のコンボが可能ですね。

サブギミックとして、

・「酒呑童子」進化からの疾走付与
・「グレートレッサーマミー」進化による疾走付与

などを組み込んでいて、ネクロマンスを大量に消費する動きが色々あるので、「ソウル・コア」を採用しています。

結果として、コンボ色が非常に強いデッキになっており、キーカードの「ソウルテイカー・ララ」を確定サーチできないため安定性が低いのが欠点ですが、コンボの面白さと爆発力はあると思います。

コンボ色の強さからデッキバランスを整えるのが難しかったので、実際に使いながら改良していきたいですね。

 

ソウルテイカー・ララ(ネクロマンサー)

ソウルテイカー・ララ(ネクロマンサー)
ソウルテイカー・ララ(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 4コスト
進化前4/4→進化後6/6

【ファンファーレ】このターン中に破壊された自分のフォロワー(ソウルテイカー・ララを除く)と同名のフォロワー1枚を手札に加える。そのコストを0にする。それは「自分のターン終了時、このフォロワーは破壊される」を持つ。(このターン中に破壊されたフォロワーが複数あるなら、その中からランダムに1枚)

 

百鬼夜行(ネクロマンサー)

百鬼夜行(ネクロマンサー)2
百鬼夜行(ネクロマンサー)
ブロンズ スペル 1コスト

葬送したなら、ネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
「元の攻撃力か元の体力が1のフォロワー」を葬送したなら、1枚ではなく2枚手札に加える。

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村