【シャドバ】サタンドラゴンでローテーション12連勝のデッキレシピ!あの新カードを採用してドローを安定させるのがキーポイントになりそう?!デッキコードあり!

サタンドラゴン(12連勝デッキ、ローテーション)

サタンドラゴン1-2-20181227(斥候兵氏の12連勝デッキ)サタンドラゴン1-1-20181227(斥候兵氏の12連勝デッキ)サタンドラゴン1-4-20181227(斥候兵氏の12連勝デッキ)
デッキコードを発行



新環境ではサタンドラゴンが注目を集めていますが、マスターランク12連勝の斥候兵氏のデッキレシピを紹介します。

次元歪曲の新カードは「氷獄の王・サタン」「忌まわしき紫竜」「侮蔑の狂信者」の3種類です。

下記のサタンドラゴンの試作デッキと比較すると、侮蔑の狂信者の2枚採用が大きな違いだと思います。

 

サタンドラゴンを実際にプレイしてみると、ダメージを受けてドローするタイプのフォロワーが「侮蔑の従者」と新カード「忌まわしき紫竜」の2種類で6枚あるために、「侮蔑の信者」や「侮蔑の炎爪」のようなタイプのカードが手札になくて、ドローできないという問題がしばしば起こります。

新カード「侮蔑の狂信者」は盤面に1点飛ばしながら、侮蔑の従者や忌まわしき紫竜の能力を起動できるので、ドローが安定しやすくなると思います。

ドローが上手く回るかどうかがキーポイントになるゲームが多いイメージで、侮蔑の狂信者はそのために重要なフォロワーかもしれません。

「氷獄の王・サタン」については、サタン2枚とルリア2枚という枚数で、これはバランスの良さそうな採用枚数だと思います。サタン後にルリアを使ってサーチするパターンもあるのがルリアの利点で、9PPできっちりとサタンを出しやすいのが氷獄の王・サタンの利点です。

8PP:ポセイドン
9PP:氷獄の王・サタン

というような動きの場合は、ルリアだとスムーズに動けないので、サタン3枚ルリア1枚と比べて一長一短という感じです。

この辺りの採用枚数については、そのうち最適化されていくでしょう。

 

サタンドラゴンの連勝デッキの引用元ツイッター



スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村