【シャドバ】森羅咆哮のウィッチの新デッキを5つ紹介!自然ウィッチ、自然ジンジャー、自然ソロモン、秘術、機械ウィッチのデッキレシピ!デッキコードあり!(9/25更新)

森羅咆哮2
森羅咆哮のウィッチの新デッキを5つ紹介します。

・自然ジンジャーウィッチ
・自然ウィッチ(ライリーOTKウィッチ)NEW!
・スペルウィッチ(自然カード採用型)NEW!
・秘術ウィッチ NEW!
・機械ウィッチ

上記のローテーション環境の5つのデッキです。

【更新】2019/9/25にデッキを追加

自然ウィッチでは、直接召喚できる大型疾走フィニッシャー「エレメントシャーマン・ライリー」が注目カードで、この新カードを軸にデッキが組まれると思います。

また、新カードの「エレメンタル・マナ」は、0~1コストのスペルとして使えるので、スペルウィッチ(ソロモンウィッチ)で採用される可能性があります。

(ウィッチの新カードのまとめ↓)

(新カード全97枚のまとめ↓)

<森羅咆哮の新デッキ集>
森羅咆哮のドラゴンの新デッキ
森羅咆哮のネクロの新デッキ
森羅咆哮のヴァンプの新デッキ
森羅咆哮のビショップの新デッキ
森羅咆哮のネメシスの新デッキ
森羅咆哮のエルフの新デッキ
森羅咆哮のロイヤルの新デッキ

 

森羅咆哮の自然ジンジャーウィッチの新デッキ

自然ジンジャーウィッチの新デッキ(ぽるんが氏)自然ジンジャーウィッチの新デッキ2(ぽるんが氏)
デッキコードを発行

【更新】2019/9/20にデッキ追加

森羅咆哮の自然ジンジャーウィッチのデッキになります。

ぽるんが氏がプレリリースが使って、調子が良かったデッキとのことです。

新カードの「エレメントシャーマン・ライリー」を、「呪いの言霊・ジンジャー」からの言霊で1コストにして疾走させても、もともとの攻撃力が1なので疾走打点が下がりません。

フィニッシャーを手札に引いても、デッキから直接召喚しても良いというのは、非常に大きなメリットだと思います。

ジンジャーの言霊の対象として有効なのはライリーだけはでなく、新カードの「母なる君」や「極点のエレメンタル」も、言霊で強く使うことができます。

スペルに寄せた自然ウィッチと比較すると、スペルブーストをする必要がないので、ナテラの大樹のプレイ回数を進める動きをしやすくなるでしょう。

 

森羅咆哮の自然ウィッチの新デッキ(ライリーOTKウィッチ)

自然ウィッチ(ライリーOTKウィッチ)の新デッキ2の1

カード名 コスト 枚数
エレメンタル・マナ 3枚
アースエレメンタラー 3枚
荒野の案内人 2枚
エクストリームキャロット 1枚
マナリアの叡智 3枚
荒野の休息 3枚
インパルスアルケミスト 3枚
パイロエレメントソーサラー 3枚
蒼の反逆者・テトラ 3枚
カオスウィザード 3枚
母なる君 2枚
極点のエレメンタル 3枚
炎の握撃 2枚
エレメントシャーマン・ライリー 3枚
未知の求道者・クラーク 10 3枚

デッキコードを発行

【更新】2019/9/25にデッキを更新

森羅咆哮の自然ウィッチ(ライリーOTKウィッチ)のデッキレシピです。

このデッキは、9ターン目に直接召喚と手出しの2枚の「エレメントシャーマン・ライリー」で、疾走20点のOTK(ワンターンキル)を目指しています。

7ターン目から9ターン目までの動きとして、

7T:ナテラの大樹のプレイ回数を6回にする。
8T:ナテラの大樹を3回プレイして、計9回にする。
9T:直接召還ライリー+手出しライリー(+炎の握撃)

上記のような流れで、ライリーを攻撃力10の疾走にして、9ターン目にライリー2枚でリーサルです。

ライリーの直接召喚の条件を満たして、さらに攻撃力を10まで上げるために、ナテラの大樹を9回プレイする必要があります。

ナテラの大樹のプレイ回数を稼ぐために、

エレメンタル・マナ
アースエレメンタラー
荒野の休息
荒野の案内人
インパルスアルケミスト
パイロエレメントソーサラー
極点のエレメンタル

これらのカードを合計20枚採用しているので(荒野の案内人のみ2枚で、残りはすべて3枚採用)、デッキの半分がナテラの大樹のプレイ回数を増やすためのカードになります。

リーサル前の8ターン目までに、デッキを半分掘り進めて、ナテラの大樹を9回プレイするのが目標なので、ドローの必要回数を考える必要があります。

先攻の場合は、8ターン目までに初手の3枚を含めて11枚カードを引くので、残り9回はドローをしてデッキを半分掘り進めないと、ナテラの大樹が足りなくなります。

ナテラの大樹でドロー回数を稼げますが、「パイロエレメントソーサラー」「極点のエレメンタル」はナテラの大樹を手札に戻すだけで、プレイ回数は稼げてもドローはできません。

そのことを考慮に入れると、8ターン目までにナテラの大樹を9回プレイするとして、ナテラの大樹でのドローは5~7回ぐらいになると思います。すると、残り2~4回ぐらいのドローを他のカードで賄う必要性が出てきます。

そのために、ナテラの大樹以外のドローソースとして、「カオスウィザード」3枚と「未知の求道者・クラーク」3枚を採用しており、ドロー回数はギリギリ足りていると思います。

いくつかポイントとなる新カードについてですが、「マナリアの叡智」と「荒野の休息」が重要なカードです。

マナリアの叡智は、手札に2枚以上のライリーが来た時に、デッキに戻すために役立ちます。他にも、「荒野の案内人」などが腐りそうな場合に手札から消すことができます。

荒野の休息」は、2コストで2点回復しながら、ナテラの大樹のプレイ回数を1回稼げますが、ウィッチの場合はさらにスペルブースト1回のおまけが付きます。

このデッキでは、8ターン目にライリーを直接召喚したくない場合がありますが、その場合は7ターン目までのナテラの大樹のプレイ回数を6回に抑えることになります。そうすると、8ターン目にナテラの大樹を一気に3回プレイする必要があるので、荒野の休息で0コストにしたナテラの大樹を手札に持っておくと動きやすくなります。例えば、

8T:母なる君+ナテラの大樹2枚+(0コストの)ナテラの大樹

上記のように、0コストのナテラの大樹を持っておくと、8ターン目にナテラの大樹を3回プレイしながら「母なる君」を出すことができます。

もしスペルブーストが進みづらいと感じたら、

カオスウィザード→ワンダーコック
炎の握撃→飢餓の輝き
未知の求道者・クラークを1~2枚→2コスト2/2フォロワー

のようにカードを入れ替えるといいと思います。

 

森羅咆哮のスペルウィッチの新デッキ(自然カード採用型)

自然スペルウィッチ(ソロモンウィッチ)の新デッキ2の1

カード名 コスト 枚数
エレメンタル・マナ 3枚
知恵の光 3枚
アースエレメンタラー 3枚
魔術の王・ソロモン 3枚
マナリアの叡智 2枚
ウインドブラスト 1枚
天外の華・エレノア 2枚
究極練成 2枚
蒼の反逆者・テトラ 3枚
カオスウィザード 3枚
真実の宣告 3枚
真実の絶傑・ライオ 1枚
真実の掟 2枚
炎の握撃 3枚
真実の狂信者 3枚
未知の求道者・クラーク 10 3枚

デッキコードを発行

【更新】2019/9/25にデッキを更新

自然カード採用型のスペルウィッチ(ソロモンウィッチ)のデッキです。

森羅咆哮の新カードは「エレメンタル・マナ」「アースエレメンタラー」「マナリアの叡智」「カオスウィザード」の4種類を採用しています。

スペルウィッチに自然タイプのカードを入れるのは、「エレメンタル・マナ」を採用したいからです。

スペルウィッチでのエレメンタル・マナは、1コストのスペルというだけで強いですが、5ターン目以降だと実質0コストのスペルとしても使えるので非常に強力だと思います。

①1ターン目に使って「魔術の王・ソロモン」のコストを下げる。
②5ターン目以降に実質0コストのスペルとして使える。
③5ターン目以降に1コスト1ドローの知恵の光として使える。
④ナテラの大樹を手札に温存して「真実の絶傑・ライオ」を出した後にドローできる。

というような利点があります。

しかし、欠点がないわけではなく、

①ナテラの大樹で盤面を1つ埋めてしまう。
②1枚目のナテラの大樹はドローできない。
③4ターン目までは2コスト1ドローの性能。

このような点が気になるので、自然カードを入れないスペルウィッチとどちらが良いかは難しいところです。

特に、運命の導きの代替カードが、盤面を1つ埋める「カオスウィザード」になったので、ナテラの大樹で盤面がさらに1つ埋まっていると、動きづらくなる場合もあるでしょう。

マナリアの叡智」は、真実の絶傑・ライオをデッキに戻したり、真実の宣告や魔術の王・ソロモンなどを序盤に引きすぎた場合にデッキに戻したりできるので便利です。

1枚でスペルブーストを3回できるのは非常に強いですし、新環境で疾走が多くなることが予想されるので守護の枚数が増えるのも助かります。

全体的に、「エレメンタル・マナ」や「マナリアの叡智」の採用で、真実の絶傑・ライオを出すまでの動きはかなり安定しそうなイメージです。

しかし、ナテラの大樹や「カオスウィザード」が盤面を埋めてしまうので、ライオを出した後の爆発力は下がってしまうでしょう。

ライオ後のソロモンの指輪(スペルブースト0回)が、真実の狂信者確定ではなく、カオスウィザードも引いてしまうというのも不確定要素になります。

自然カード採用型のスペルウィッチと、不採用型のどちらが良いかは、実際に使ってみないと分からないと思います。

 

森羅咆哮の秘術ウィッチの新デッキ

秘術ウィッチの新デッキ1の1(エアーマン氏)秘術ウィッチの新デッキ1の3(エアーマン氏)
デッキコードを発行

【更新】2019/9/25にデッキを追加

森羅咆哮の秘術ウィッチのデッキレシピです。

エアーマン/PaR氏による構築で、新カードは「静寂の実験室」「インパルスアルケミスト」「カオスウィザード」の3種類が採用されています。

スペル寄りの構築になっており、真実の狂信者とカオスウィザードがスペルブースト持ちのフォロワーです。

注目したい新カードは「インパルスアルケミスト」で、場にあるアミュレットをコピーして、そのコストを1下げて手札に加えることができます。

土の印はアミュレットなのでコピー対象となり、くず鉄の練成、魔女の大釜、静寂の実験室をコピーできれば、3コスト2/3フォロワーとしては破格の性能になります。

 

森羅咆哮の機械ウィッチの新デッキ

機械ウィッチの新デッキ(オタク氏)機械ウィッチの新デッキ2(オタク氏)
デッキコードを発行

【更新】2019/9/20にデッキ追加

森羅咆哮の機械ウィッチのデッキレシピです。

オタク氏がプレリリースで回して、一番強かったデッキとのことです。

スタン落ちした運命の導きの代わりに、新カードのカオスウィザードが採用されています。

その他の部分は、ROB環境の機械ウィッチ(デッキ例:29連勝の機械ウィッチ)とほぼ同じですが、知恵の光が2枚、真実の狂信者が2枚となっています。

カオスウィザートだと運命の導きよりもスペルブーストが進みづらいので、その部分を補っているのだと思います。

 

(ウィッチの新カードのまとめ↓)

(新カード全97枚のまとめ↓)

<森羅咆哮の新デッキ集>
森羅咆哮のドラゴンの新デッキ
森羅咆哮のネクロの新デッキ
森羅咆哮のヴァンプの新デッキ
森羅咆哮のビショップの新デッキ
森羅咆哮のネメシスの新デッキ
森羅咆哮のエルフの新デッキ
森羅咆哮のロイヤルの新デッキ

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村