【シャドバ】森羅咆哮のドラゴンの新デッキを6つ紹介!自然ヴァイディ、サタン、アグロ、財宝、進化ドラゴンのデッキレシピ!デッキコードあり!(9/25更新)

森羅咆哮2森羅咆哮のドラゴンの新デッキを6つ紹介します。

・自然ドラゴン NEW!
・自然ドラゴン NEW!
・サタンドラゴン(自然カード採用型)NEW!
・アグロドラゴン NEW!
・財宝ドラゴン NEW!
・進化ドラゴン(自然カード採用型)

上記の6つのローテーション環境のデッキレシピです。

【更新】2019/9/25にデッキを追加

新パックのドラゴンは、レジェンドの「呪われし影・ヴァイディ」を軸とした自然ドラゴンが最も注目を集めています。サポートとなる他の自然カードのカードパワーも全体的に高いですし、ポセイドンの代替カードとなる「蒼海の主・ネプチューン」の追加も大きいです。

また、「ワンダーコック」やナテラの大樹が強力なドローソースなので、サタンドラゴンや進化ドラゴンなど、ヴァイディドラゴン以外のデッキタイプでも、ドロー目的で自然カードが採用される可能性があると思います。

(ドラゴンの新カードのまとめ↓)

(新カード全97枚のまとめ↓)

<森羅咆哮の新デッキ集>
森羅咆哮のネクロの新デッキ
森羅咆哮のヴァンプの新デッキ
森羅咆哮のビショップの新デッキ
森羅咆哮のネメシスの新デッキ
森羅咆哮のエルフの新デッキ
森羅咆哮のロイヤルの新デッキ
森羅咆哮のウィッチの新デッキ

 

自然ドラゴン(ヴァイディドラゴン)の新デッキ1

自然ドラゴンの新デッキ(roro氏)自然ドラゴンの新デッキ2(roro氏)
デッキコードを発行

【更新】2019/9/21にデッキを追加

自然ドラゴン(ヴァイディドラゴン)のデッキレシピです。

roro氏がプレリリースで回して、めちゃめちゃ強いとのことです。

自然カードの割合がかなり高いのですが、「荒野の休息」「霧氷のトリケラトプス」の3枚採用に注目したいと思います。

荒野の休息は2コスト2回復1ドローなのですが、ヴァイディドラゴンの場合は影の侵食の効果で、さらに相手リーダーへのダメージ2~3点が期待できるので、採用されているデッキレシピを多くみかけます。

霧氷のトリケラトプスの強さは、管理人も相手に使われて実感しましたが、6コストで「スタッツ5/5+確定除去+1枚ドロー+ナテラの大樹破壊カウント1」なので相当なカードパワーです。

リノセウスエルフなど確定除去が刺さりにくい相手もいるので、環境次第な部分もありますが、採用率が高くなりそうな新カードだと思います。

 

自然ドラゴン(ヴァイディドラゴン)の新デッキ2

自然ドラゴン(ヴァイディドラゴン)の新デッキ2の1

カード名 コスト 枚数
ワイルド・マナ 3枚
侮蔑の炎爪 3枚
雷電のヴェロキラプトル 3枚
暴竜・伊達政宗 3枚
荒野の案内人 2枚
竜の託宣 3枚
荒野の休息 2枚
旋風のプテラノドン 3枚
ワンダーコック 3枚
呪われし影・ヴァイディ 3枚
フェニックスハウル 2枚
母なる君 3枚
絆の竜剣士・アイラ 2枚
蒼海の主・ネプチューン 3枚
天災のジェネシスドラゴン 10 2枚

デッキコードを発行

【更新】2019/9/22にデッキを更新

森羅咆哮の自然ドラゴン(ヴァイディドラゴン)の新デッキです。

プレリリースの参考デッキはレジェンドやゴールドが足りない場合も多いのですが、制限なしで構築したデッキレシピがこちらになります。

キーカードは新レジェンドの「呪われし影・ヴァイディ」で、ファンファーレで入手できる「影の侵食」の効果により、継続ダメージを与えてリーサルを狙います。

ナテラの大樹の破壊カウント分の継続ダメージとなるので、ナテラの大樹の供給源として「ワイルド・マナ」「雷電のヴェロキラプトル」「荒野の案内人」「荒野の休息」「旋風のプテラノドン」の5種類(13枚)に加えて、これらの自然カードを2枚サーチできる「ワンダーコック」も3枚採用しています。

デッキのその他の部分は、

①PPブーストカード
②除去や守護や回復で守るためのカード
③疾走で最後の詰めをするカード

で構成されています。

旋風のプテラノドン」はPPブースト+ナテラの大樹、「荒野の休息」は回復2点+ナテラの大樹、「蒼海の主・ネプチューン」は5/5守護+2/2疾走のオルカ2体など、複数の役割を兼ね備えたカードが少なくないのが特徴です。

PPブーストカードは「竜の託宣」「旋風のプテラノドン」「絆の竜剣士・アイラ」「天災のジェネシスドラゴン」の4種類を採用しています。

ニュートラルの新レジェンド「母なる君」は、ナテラの大樹を3回破壊する条件を満たせば、確定除去2体+4/6守護なので、非常にカードパワーが高いです。

フェニックスハウル」は全体除去枠ですが、憤怒の竜帝・乙姫や侮蔑の絶傑・ガルミーユ(エンハンス)の7コストと比べて2コスト少ないので、余ったPPでナテラの大樹を置きやすいですし、早いターンから使うことができます。

10PPで「フェニックスハウル+伊達政宗+2~3コストフォロワー(orアイラ)」の動きも強いので、フェニックスハウルはなかなか便利だと思います。

霧氷のトリケラトプス」も採用したかったのですが、同じ6コストの母なる君の方が総合的なカードパワーが高く、ナテラの大樹の供給も十分なので採用を見送っています。

ただし、ビショップの安息の領域に対応できますし、母なる君が強すぎるだけで、霧氷のトリケラトプスのカードパワーも十分に高いので、採用枠を確保できれば入れてみたい新カードです。

ちなみに、「荒野の案内人」は、2ターン目の動きとしては最も強いのですが、既にナテラの大樹が置かれている場合に弱く、「ワンダーコック」の自然サーチで後半に引きたくないので2枚採用に抑えています。

ロイヤルの「簒奪の絶傑・オクトリス」、ビショップの「漆黒の法典」、ネメシスの「世界の扉・ティル」など、荒野の案内人への対策カードが増えることも予想されます。

 

森羅咆哮のサタンドラゴンの新デッキ

サタンドラゴンの新デッキサタンドラゴンの新デッキ2
デッキコードを発行

【更新】2019/9/22にデッキを追加

森羅咆哮のサタンドラゴンのデッキレシピです。

自然カードをタッチしており、「ワンダーコック」で「雷電のヴェロキラプトル」「旋風のプテラノドン」の2枚を確定サーチできる構築になっています。

ナテラの大樹を手札に温存しておくと、氷獄の王・サタンを出した後のドローソースとして活用できます。

蒼の少女・ルリアがスタン落ちをして、サタンをサーチできなくなったので、サタンを引けなくても疾走などで勝ち筋を作りやすいデッキにしています。

疾走でリーサルを目指す場合は、「蒼海の主・ネプチューン」のオルカ疾走が役立ちますし、疾走打点を底上げできるように、オルカの滝のぼりも採用しています。

侮蔑の絶傑・ガルミーユ、天災のジェネシスドラゴンなど、ダメージソースになるカードが他にも入っているので、サタン以外でも勝てるデッキになっていると思います。

 

森羅咆哮のアグロドラゴンの新デッキ

アグロドラゴンの新デッキ1の1アグロドラゴンの新デッキ1の2
デッキコードを発行

【更新】2019/9/25にデッキを追加

森羅咆哮のアグロドラゴンのデッキレシピです。

新カードは「蒼海の主・ネプチューン」「バブルマーメイド」を採用しています。

蒼海の主・ネプチューンは、スタン落ちしたポセイドンの代替カードですが、疾走を持つのでアグロドラゴンならポセイドンよりも強いです。

バブルマーメイドの「キュアマーメイド・ジゼル」か「ガジェットマーメイド」を手札に加えるファンファーレ能力も悪くないと思います。

ガジェットマーメイドは、機械フォロワーと組み合わせて疾走できるので、リソースの補充をしながら打点カードが手に入ると思えば、かなりアグロドラゴン向きでしょう。

キュアマーメイド・ジゼルなら、進化ターンにフルメタルドラグーン・バイロンと組み合わせて、回復とバフにより強固な盤面を作るような使い方が考えられます。

 

森羅咆哮の財宝ドラゴンの新デッキ

財宝ドラゴンの新デッキ財宝ドラゴンの新デッキ2
デッキコードを発行

【更新】2019/9/22にデッキを追加

森羅咆哮環境の財宝ドラゴンのデッキレシピです。

新カードは「蒼海の主・ネプチューン」「バブルマーメイド」の2種類を採用しています。

蒼海の主・ネプチューンは、スタン落ちするポセイドンの代替カードですが、本体の5/5守護に加えて2/2疾走のオルカが2体出てきます。

守護の枚数は少なくなりますが、疾走があるので攻撃性能は上がっていますし、暴竜・伊達政宗とセットで使えない8~9PPの時でも、進化権を使わずに盤面に干渉できます。

バブルマーメイドは、1枚のカードで2体フォロワーを出せるので、キーカードである「竜の財宝」との相性が良いです。

 

森羅咆哮の進化ドラゴンの新デッキ

進化ドラゴン(自然カード採用型)の新デッキ

カード名 コスト 枚数
飛翔の竜人 3枚
ワイルド・マナ 3枚
侮蔑の炎爪 3枚
荒野の案内人 3枚
雷鳴の軍神・フニカル 3枚
フロートボードマーセナリー 1枚
竜の託宣 3枚
旋風のプテラノドン 3枚
ワンダーコック 3枚
火焔の軍神・ヤヴンハール 3枚
侮蔑の絶傑・ガルミーユ 3枚
憤怒の竜帝・乙姫 3枚
蒼海の主・ネプチューン 3枚
至高神・ゼウス 10 3枚

デッキコードを発行

森羅咆哮の新カードを追加した進化ドラゴンのデッキレシピです。

新カードは「ワイルド・マナ」「荒野の案内人」「旋風のプテラノドン」「ワンダーコック」「蒼海の主・ネプチューン」の5種類を3枚ずつ採用しています。

このデッキは、ROG環境の進化ドラゴンで13連勝のデッキを参考にしています。

デッキの基本的な動きとしては、進化回数を稼ぎながら、飛翔の竜人やナテラの大樹でデッキを圧縮し、フィニッシャーである「至高神・ゼウス」を引きにいくという流れです。

進化権を使わずに自動進化できるカードとして、「飛翔の竜人」「雷鳴の軍神・フニカル」「火焔の軍神・ヤヴンハール」「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」の4種類(計12枚)を採用しています。

自然タイプのカードの採用の狙いとしては、

①「ワンダーコック」やナテラの大樹をドローソースとして使える。
②「ワイルド・マナ」が飛翔の竜人を進化させるのに便利。
③PPブーストカードの選択肢として「旋風のプテラノドン」を選べる。

上記の3点がポイントになります。

このデッキでは「ワンダーコック」のサーチ先をかなり絞っていて、「ワイルド・マナ」「荒野の案内人」「旋風のプテラノドン」から異なる2枚をサーチすることになるので、PPブーストできる旋風のプテラノドンを約3分の2の確率で引けます。

旋風のプテラノドンとセットで、ナテラの大樹の供給源であるワイルド・マナか荒野の案内人も引けるので、両者を組み合わせればドローを進めながらPPブーストできます。

荒野の案内人は「雷電のヴェロキラプトル」との比較でどちらにするか迷いましたが、

①荒野の案内人の方が序盤だと1PP得をする。
②2枚目以降の荒野の案内人を飛翔の竜人の効果で捨てることが可能。
③逆に、雷電のヴェロキラプトルでナテラの大樹を手札に加えた場合、飛翔の竜人の効果で捨てたくない場合がある。
④序盤でワンダーコックからサーチした場合、進化ターンで荒野の案内人を進化させる流れを作りやすい。
⑤PPブーストカードが少ないので、雷電のヴェロキラプトルの覚醒能力を使えるターンは遅くなりやすい。

このような理由で、荒野の案内人の方を選択しています。

ワンダーコック」がそれぞれ名前の異なる2枚の自然カードをサーチできることに注目して、サーチ先を絞った構築は、他のクラスのデッキでも出てくると思います。

 

(ドラゴンの新カードのまとめ↓)

(新カード全97枚のまとめ↓)

<森羅咆哮の新デッキ集>
森羅咆哮のネクロの新デッキ
森羅咆哮のヴァンプの新デッキ
森羅咆哮のビショップの新デッキ
森羅咆哮のネメシスの新デッキ
森羅咆哮のエルフの新デッキ
森羅咆哮のロイヤルの新デッキ
森羅咆哮のウィッチの新デッキ

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村