【シャドバ】森羅咆哮のネクロマンサーの新デッキを5つ紹介!自然トートネクロ、冥府ネクロのデッキレシピ!デッキコードあり!(9/24更新)

森羅咆哮2
森羅咆哮のネクロマンサーの新デッキを5つ紹介します。

・自然ネクロ NEW!
・自然ネクロ NEW!
・自然ネクロ NEW!
・自然冥府ネクロ
・トートネクロ(確定サーチ型)

以上の5個のローテーション環境のデッキになります。

【更新】2019/9/24にデッキレシピを更新

新パックのネクロマンサーでは、2種類のレジェンド「トート」「ネクログループ・ルベル」が注目の新カードです。その他に、自然タイプのカード全般や「不可侵の死霊・ヘリオ」「イグジストソード・ギルト」にも注目です。

また、ニュートラルの新カードでは、レジェンドの「母なる君」や、自然デッキで必須級の「荒野の案内人」「ワンダーコック」だけでなく、トートネクロで便利な人参「エクストリームキャロット」も強いと思います。

(ネクロの新カードのまとめ↓)

(新カード全97枚のまとめ↓)

<森羅咆哮の新デッキ集>
森羅咆哮のエルフの新デッキ
森羅咆哮のロイヤルの新デッキ
森羅咆哮のウィッチの新デッキ
森羅咆哮のドラゴンの新デッキ
森羅咆哮のネクロの新デッキ
森羅咆哮のヴァンプの新デッキ
森羅咆哮のビショップの新デッキ
森羅咆哮のネメシスの新デッキ

 

森羅咆哮の自然ネクロの新デッキ1(トートネクロ)

自然ネクロの新デッキ2の1(Fenrir氏)自然ネクロの新デッキ2の2(Fenrir氏)
デッキコードを発行

【更新】2019/9/23にデッキを追加

森羅咆哮の自然ネクロのデッキレシピです。

新レジェンドの「トート」「ネクログループ・ルベル」を軸としたラストワード系のデッキになります。

KGR|Fenrir氏の構築で、Twitterの方には採用・不採用カードの理由も書いてあります。

このデッキのポイントとしては、

①1コストフォロワーは6枚体制
②ワンダーコックは不採用
③5コストはケルベロス
④母なる君の採用

などが挙げられると思います。

①1コストフォロワーは、新カードの「コープスドッグ」だけでなく秀才の死神・ミーノも採用されています。1コストでラストワード持ちの破壊数を1つ稼げるので、隙間の1PPを埋めることにより、なるべく早くトートを起動するのに役立ちます。

②「ワンダーコック」の不採用は、リソースは十分という判断のようです。

1コストフォロワーを6枚採用できるのも、低コストのカードを増やしても、リソース切れになりにくいからでしょう。

管理人がプレリリースで自然ネクロを回していても、たしかにリソースはかなり潤沢で、特にワンダーコックとネクログループ・ルベルを両方出したゲームでは、手札が燃えてしまうこともありました。

③5コストは「イモータルエレファント」が不採用で、ケルベロスとなっています。4コストでボーンドローンが3枚採用されているので、先攻では、

4T:ボーンドローン
5T:ケルベロス

という理想ムーブを想定しているデッキです。

④「母なる君」の採用については、デッキパワーを上げる、進化権が切れた後の多面処理、疾走対策が狙いとのことです。

管理人がプレリリースで回している時に、進化権が切れた後の盤面処理に困ることが多々あったので、母なる君の重要度は高いと思います。

 

森羅咆哮の自然ネクロの新デッキ2(トートネクロ)

自然ネクロの新デッキ3の1(ホワイト氏)自然ネクロの新デッキ3の2(ホワイト氏)
デッキコードを発行

【更新】2019/9/23にデッキを追加

森羅咆哮の自然ネクロ(トートネクロ)です。

ホワイト/OPIOSR/LF氏が仮組みしたデッキレシピで、新カードの「イモータルエレファント」が3枚採用されているので、盤面制圧力が高いのが特徴です。

母なる君」は、「トート」のファンファーレ能力を起動した後に、盤面処理+守護としての役割が期待されています。

墓地が余るので、禁絶の腕・ニコラ、冥守の頂点・アイシャ、オシリスも採用候補とのことです。

 

森羅咆哮の自然ネクロの新デッキ3(トートネクロ)

自然ネクロの新デッキ4の1

カード名 コスト 枚数
コープスドッグ 3枚
リヴァイヴ・マナ 3枚
トート 3枚
シープスピリット 3枚
荒野の案内人 3枚
エクストリームキャロット 3枚
悪意の憑依 3枚
不可侵の死霊・ヘリオ 3枚
オシリス 3枚
ボーンドローン 2枚
冥守の頂点・アイシャ 1枚
ネクログループ・ルベル 3枚
ケルベロス 3枚
イモータルエレファント 1枚
母なる君 2枚
飢餓の絶傑・ギルネリーゼ 1枚

デッキコードを発行

【更新】2019/9/24にデッキを更新

ローテーション環境の自然ネクロ(トートネクロ)のデッキです。

管理人が色々なデッキレシピを参考にしつつ、プレローテで試行錯誤しつつ、このような形になりました。

トートネクロのキーカードは、デッキ名となっている「トート」です。

トートのファンファーレ能力を起動するために、ラストワードを持つフォロワーを10枚以上破壊する必要があるので、デッキに採用されているフォロワーのほとんどがラストワード持ちになります。

トートの能力を起動させると、自分の場に出したフォロワーとアミュレットが「【ラストワード】相手のリーダーに2ダメージ」を持つので、ナテラの大樹とフォロワーをどんどん出していけばリーサルに近づきます。

ネクロマンサーの自然デッキの長所として、「ネクログループ・ルベル」と「コープスドッグ」があるので、ナテラの大樹を置く時のテンポロスをなくすことができます。

4コスト枠で「オシリス」を採用していますが、進化効果を上手く使うと、ラストワード破壊のカウントを最大で4つ稼げるので、優先度は高いと思います。

5T:ケルベロス
6T:コープスドッグ+オシリス進化+ナテラの大樹

という動きで、オシリスのファンファーレ能力でコープスドッグをラストワード持ちにして、進化後オシリスからのリアニメイトで「不可侵の死霊・ヘリオ」などのラストワード持ちと、番犬の右腕・ミミ(番犬の左腕・ココ)が出てくると(コープスドッグが出る場合もある)、オシリス自身のラストワードを含めて最大4カウントになります。

ちなみに、オシリス進化のリアニメイト3で不可侵の死霊・ヘリオ(またはラストワード持ちの2コスト)を確実に出すために、「ワンダーコック」は不採用にしています。

プレローテで試してみたところ、後攻時はワンダーコックがなくてもリソース的にほぼ問題なく(ワンダーコックを置く暇がそもそもない)、先攻時でも問題なくデッキが回ることの方が多かったです。

このデッキでは以下のように、最速で7ターン目にトートのファンファーレ能力を起動できます。

2T:荒野の案内人(ラスワ1体)
3T:不可侵の死霊・ヘリオ(ラスワ1体→計2体)
4T:シープスピリット+エクストリームキャロット(ラスワ2体→計4体)
5T:ケルベロス(ラスワ2体→計6体)
6T:コープスドッグ+オシリス進化+ナテラの大樹(ラスワ4~5体→計10~11体)
7T:トート(ファンファーレ能力を起動)

4コスト枠はボーンドローンも採用していますが、不採用のデッキを回すと、先攻4ターン目に4PPを使い切れないパターンが増えてしまいました。

冥守の頂点・アイシャは、ネクロマンスを有効活用するための採用です。

5コスト枠はケルベロスを3枚で優先させて、新カードの「イモータルエレファント」は1枚にしています。

イモータルエレファントは、先攻5ターン目に使いやすいフォロワーですが、

①4ターン目までにナテラの大樹を置けない場合がある。
②競合のケルベロスが強い。
③盤面を圧迫してしまって、ネクログループ・ルベルを使う時に、ネクロアニマルズを出せない場合がある。

という理由から1枚採用にしていますが、

5T:イモータルエレファント
6T:ネクログループ・ルベル

のような動きは、ラストワードの破壊数もそれなりに稼げて、盤面制圧の点ではかなり強かったので、採用枠が許せば2枚ぐらい入れてみたいです。

飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」は、トートのファンファーレ能力を起動した後に、ラストワード(リーダーに2ダメージ)を持つフォロワーが盤面で放置された場合に強いです。

トートに頼らないリーサルも狙えますし、プレローテで試していても、ギルネリーゼが欲しい状況はけっこうありました。

 

森羅咆哮の冥府ネクロの新デッキ(自然カード採用型)

冥府ネクロ(自然カード採用型)の新デッキ

カード名 コスト 枚数
コープスドッグ 3枚
リヴァイヴ・マナ 3枚
トート 3枚
シープスピリット 3枚
荒野の案内人 3枚
フロートボードマーセナリー 2枚
悪意の憑依 3枚
ワンダーコック 3枚
ソウル・コア 3枚
エンジェルシュート 2枚
ネクログループ・ルベル 3枚
ケルベロス 2枚
母なる君 2枚
イグジストソード・ギルト 2枚
冥界神・ハデス 12 3枚

デッキコードを発行

ローテーション環境の冥府ネクロ(ハデスネクロ)で、自然タイプの新カードを組み込んでいます。

この新デッキは、ROG環境の冥府ネクロで18連勝のデッキを参考にしています。

ソウルストリームやソウルテイカー・ララは不採用の冥府ネクロで、基本的な動きとしては、「冥界神・ハデス」はアクセラレート6で使って、「ソウル・コア」で墓地を稼いで冥府への道の発動を狙います。

自然タイプのカードの主な役割は、ドロー(デッキ圧縮)と墓地稼ぎになります。ナテラの大樹を使うと、1コストで1ドローしながら墓地を1つ稼げるので効率が良いです。

ワンダーコック」で2枚自然カードをサーチして、引いた自然カードでナテラの大樹を回せば、デッキの圧縮が進んでキーカードである冥界神・ハデスとソウル・コアを引きやすくなります。

理想的な動きとしては、後攻の場合、

1T:リヴァイヴ・マナ(墓地1)
2T:シープスピリット(墓地2→計3)
3T:ソウル・コア(墓地10→計13)
4T:荒野の案内人進化(トレード)+コープスドッグ+ナテラの大樹(墓地3→計16)
5T:ケルベロス進化(墓地3→計19)
6T:ハデス(アクセラレート)(墓地1→計20)
7T:フロートボードマーセナリー進化+ソウル・コア(墓地10→計30)

のように、7ターン目で冥府への道を発動させます。

墓地稼ぎがギリギリに見えますが、5ターン目以降は「リヴァイヴ・マナ」で0コストで墓地を1つ稼げますし、7ターン目にナテラの大樹を使って墓地を稼げるので、少し墓地に余裕があります。

その余裕分があるので、後攻2ターン目や4ターン目で悪意の憑依を使っても、墓地は足りている計算です。

やはり、キーカードの冥界神・ハデスとソウル・コアを引けるかどうかが勝負ですが、デッキ全40枚中の半分以上の24枚がドローやサーチに関わっているので、引ける確率はけっこう高いと思います。

ソウル・コアを出す時のテンポロスで、盤面で押されることが多くなるので、強力な2面除去+守護カードの「母なる君」を採用しています。

イグジストソード・ギルト」はドローソースとしても強いですが、7コストに下がった冥界神・ハデスを引いた時に、すぐに破壊して冥府への道を出すためにも役立ちます。

 

森羅咆哮のトートネクロの新デッキ(確定サーチ型)

トートネクロ(確定サーチ型)の新デッキトートネクロ(確定サーチ型)の新デッキ2
デッキコードを発行

【更新】2019/9/19にデッキレシピを追加

確定サーチ型のトートネクロのデッキレシピです。

ワンダーコック」から、「荒野の案内人」と「ネクログループ・ルベル」の2枚を確定サーチできる構築になっています。

1コストフォロワーは「秀才の死神・ミーノ」、3コストフォロワーはラストワード持ちの「不可侵の死霊・ヘリオ」「機械鋸の死運び」を3枚ずつ採用しているので、「オシリス」の進化効果でラストワードのカウントを稼ぎやすいのが利点です。

最速7ターン目に「トート」のファンファーレ能力を起動することを目指しています。

 

(ネクロの新カードのまとめ↓)

(新カード全97枚のまとめ↓)

<森羅咆哮の新デッキ集>
森羅咆哮のエルフの新デッキ
森羅咆哮のロイヤルの新デッキ
森羅咆哮のウィッチの新デッキ
森羅咆哮のドラゴンの新デッキ
森羅咆哮のネクロの新デッキ
森羅咆哮のヴァンプの新デッキ
森羅咆哮のビショップの新デッキ
森羅咆哮のネメシスの新デッキ

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村