【シャドバ】マスターランク23連勝のアグロエルフ!デッキ構築が難しそうだけど、現環境でトップクラスの勝率を誇る!

マスターランク23連勝のアグロエルフ

アグロエルフ1-2-20171108(ギャラオ氏の23連勝デッキ)

アグロエルフ1-1-20171108(ギャラオ氏の23連勝デッキ)
デッキコードを発行

今回はマスターランク23連勝のギャラオ氏のデッキを紹介します。

Shadowverse Logで、全ランク帯でのエルフの勝率51.6%がなんと全クラストップでした。マスターランク帯でも、ウィッチに次ぐ第2位の勝率となっています。

エルフは不遇な時代がかなり続いてきましたが、最近の運営の全クラスの勝率平均化の影響で、普通に勝てるようになっているみたいです。実際に、ランクマッチでもけっこう遭遇率が高いイメージです。

ギャラオ氏のデッキは、23連勝したのが11月8日なので、データとしてはやや古いですが、現環境でのものなので参考になると思います。管理人自身が、最近ややシャドバから離れていたので、確認をしておきたかったという理由もあります。

アグロエルフというデッキタイプはマスター帯の勝率53.6%で勝てるデッキなのですが、新カードとしては対空射撃、妖精の調べ、イピリアで、いずれも強力なカードです。

妖精の使役者3枚採用というのも目立ちます。

アグロエルフの難しさというのは、アグロながらコンボの要素を多く含むので、マナカーブの構成や理想ムーブのイメージが他のアグロデッキと違ってくることかと思います。1コスト→2コスト→3コストというように、順番にフォロワーを出していくイメージにはならないということです。

実際にこのデッキは、1コストと2コストが17枚ずつで、3コストはゼロという非常に特徴的なマナカーブをしています。

デッキを組むときにはコツが必要で、たとえば、フェアリーウィスパラーは2~4PPのどれでも出せるとか、森荒らしへの報いは2~3PPで使えるとか、妖精の調べは4PP以降で使いたいとか、そういうことを念頭に置く必要があります。

新カードを細かく見ていくと、

5コストのイピリアは、ちょうどロイヤルのマスタークノイチみたいなイメージです。旅カエルがナーフされて、潜伏対策カードが環境から減っているので、力を発揮しやすいと思います。

妖精の調べは、使われてみると全体バフがかなりやっかいで、ブレスフェアリーダンサーよりもバフが永続的な分だけ強いという感じです。攻撃力1が並ぶデッキなので、どうしてもバフが欲しいのですが、ダラダラ天使・エフェメラはナーフされてイピリアとコストが被ってしまいました。エルフナイト・シンシアはフォロワー展開としてもバフとしても遅いです。6コスト以降は、疾走などで決めにいくカードでないと、アグロデッキでは採用しにくいイメージです。結局、もっと低コストでフォロワー展開にもバフにも使える妖精の調べが、その他の既存カードよりも強いという感じです。

対空射撃は1コストが不適切なレベルのカードパワーです。1コスト3点で、さらにリノセウスなどを戻すのにも使えるというのは強すぎです。

ただし、自然の導き3枚、対空射撃3枚の合計6枚を入れるアグロデッキとなると、フォロワーを横に並べるのを阻害する可能性が低くないので、そのリスクを減らすために全体的なデッキ構築を考える必要があります。この辺りがアグロエルフの難しい所だと思いますが、

①1コストフォロワーの多さ

②メイ、リザ、ウィスパラー、リノセウス、茨の森といった戻すと強いフォロワーの多さ

この辺りで、上手く回るようになっているのではないかと思います。

最後に妖精の使役者についてですが、疾走がリノセウス3枚だけのデッキはどうしても勝ちづらいです。進化権を顔面に入れるために、疾走の枚数は大切です。このデッキならフェアリーがたくさん沸くので、手札のフェアリーに困ることはないかと思います。6PPで4点疾走みたいなイメージで使えそうです。

アグロエルフで23連勝のギャラオ氏のツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitterや2chなどのまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村