【シャドバ】アディショナルカード「レジェンダリースケルトン」「浄化の輝き・ミュニエ」など3枚の情報を追加!ネクロの2コスト5/5突進必殺選択不可は強すぎる?!ネメシスのミュニエは天敵の潜伏リオード対策になるかも!

レジェンダリースケルトン(ネクロマンサー)

レジェンダリースケルトン(ネクロマンサー)
レジェンダリースケルトン(ネクロマンサー)
レジェンド フォロワー 2コスト
進化前1/1→進化後5/5

このフォロワーは、EPによる進化ができない。(能力による進化はできる)
必殺
相手の能力で選択できない。
【ファンファーレ】ネクロマンス 8;進化する。

 

【コメント】ネクロマンス8使用時に、5/5(突進、必殺、選択不可)を2コストで出せるのは非常に強いです。ただし、ネクロマンスを8も必要とするので、冥守の頂点・アイシャやアイアンツールドクターが使いづらくなります。序盤に出すと1/1必殺(+選択不可)で相手の小型フォロワーとトレードするだけになりそうですし、他のネクロの2コストフォロワーと比べて、ラストワードを持たないことや、ナテラの大樹を出せないことが気になります。基本的に後半でネクロマンス8を使った時に強いフォロワーで、ルベルで処理しづらい大型フォロワーへの対策になりますし、コープスドッグと一緒のターンに使って強力な盤面を作ることもできます。進化権がなくなった後でも2コストで確定除去ができるので、例えば7PPでケルベロスと一緒に使ったり、8PPでシヴァと一緒に使ったり、他のカードと組み合わせやすいのは大きな長所ですね。選択不可は盤面除去をスペルに頼りがちなリノセウスエルフに刺さりそうです。ただし、自然ロイヤル対面ではミストリナからの輝ける剣撃で処理されますし、自然ドラゴンや自然ビショップなどは母なる君で対処できるので、選択不可が刺さりづらい相手も少なくないと思います。

 

浄化の輝き・ミュニエ(ネメシス)

浄化の輝き・ミュニエ(ネメシス)浄化の輝き・ミュニエ(ネメシス)
ゴールド フォロワー 2コスト
進化前2/2→進化後4/4

【ファンファーレ】他のフォロワーすべては、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。

【進化時】相手のアミュレット1つを消滅させる。

 

【コメント】2コストで2/2の標準スタッツは使いやすいです。進化時効果は、自然環境下ではナテラの大樹に使えるので腐りづらいのが利点で、特に効果を発揮しやすいのはビショップ対面でしょう。エイラの祈祷などのキーカードを消滅させれば非常に強いですし、普通の2面処理の感覚でムニャール登場や神鳥の呼び笛などのアミュレットフォロワーを、出てくる前に消滅できるのは大きいと思います。ただし、ナテラの大樹の消滅ぐらいなら進化時効果としては強くも弱くもないという感じです。ナテラの大樹の供給に苦労しやすい自然ロイヤルに刺さるかどうかという感じでしょう。ファンファーレ能力は非常に強力で、潜伏リオード、守護、ミラーマッチのエネス、自然ネクロのラストワードなど対策できる範囲が幅広いです。操り人形と組み合わせて、レジスタンスの主導者・ルキナのような使い方もできますね。

 

洞窟の聖堂(ビショップ)

洞窟の聖堂(ビショップ)
洞窟の聖堂(ビショップ)
ゴールド アミュレット 3コスト

【カウントダウン 2】
自分のターン開始時、聖騎兵1体を出す。
【ファンファーレ】聖騎兵1体を出す。自分の残りEPが相手より多いなら、自分のPPを1回復。(進化可能でないターンの残りEPは0)

 

【コメント】聖騎兵は1/2守護なので、3コスト(あるいは2コスト)で1/2守護を合計3体出せます。2~3コストで合計スタッツ3/6の守護と考えると、カードパワーはなかなか高いと言えるでしょう。ターン開始時にも1/2守護が出てきて盤面を広げられるので、エイラビショップとの相性が良さそうなアミュレットです。単純に守護をエイラの祈祷で強化するだけでも強いですし、進化後クルトを守護の裏に隠すような動きもしやすくなります。ただし、エイラビショップの3コストは渋滞気味で、3コストを増やすよりも、全力マリガンで2パスしないように強力な2コストの方が欲しかったかもしれないですね。盤面を埋めてしまうデメリットもあるので、強く使える状況と使いづらい状況で差がありそうですし、他の3コストカードを押しのけてまで採用されるかどうかは際どいと思います。

 

アディショナルカードの関連ツイッター

スポンサーリンク

ABOUT

シャドバ(シャドウバース:shadowverse)のtwitter中心のまとめサイトです。シャドバのデッキ情報メインに、新カード、新パックなど攻略に役立つ最新情報をまとめて速報でお届けしています。


スマホ・携帯ゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村